dkmm1f000003rmkt
  1. HOME
  2. 活用事例
  3. 『FNX e-受信FAXサービス』を活用して FAXと座席間の移動、発注書の仕分けや管理、印刷費用……そのすべてが軽減され、FAX受注の処理が劇的に変化

『FNX e-受信FAXサービス』を活用して
FAXと座席間の移動、発注書の仕分けや管理、印刷費用……そのすべてが軽減され、FAX受注の処理が劇的に変化

導入サービス
FNXe-受信FAXサービス
キーワード
帳票FAX 受発注

 九州エリアに6つの支店と50を超える店舗を展開し、種類豊富な商品を顧客に提供している株式会社オーリック。配送スピードの速さが大きな強みだが、それを支えるのは、迅速かつ正確な受注処理だ。
 しかし、同社はFAXでの受注に長年課題を抱えていたという。処理や発注書の仕分け、管理などに手間がかかってしまい、作業効率向上の障壁になっていたのだ。そんな状況を打破すべく導入したのが、『FNX e-受信FAXサービス(以下、e-受信FAXサービス)』。営業企画課 係長の安樂氏は、「導入は大成功だった」と力強く語ってくれた。


お客様のご紹介

株式会社オーリック様

設  立 1949年10月
資 本 金 5,000万円
従業員数 グループ合計1,215名
事業内容 酒類・食品類の卸売
ホームページ http://www.alliq.co.jp/

目次

導入の背景

“お客様がほしい商品を、ほしいときに届ける” スピードにこだわった酒類配送サービスで九州全域のニーズをカバー

小久保拓志氏


 株式会社オーリックは、1949年の設立から70年以上続く酒卸業者だ。品揃えの豊富さは、九州全域をみてもトップクラス。福岡、北九州、久留米・佐賀、大分、熊本、鹿児島に支店を、これに宮崎を加えた7エリアに51の店舗を構え、九州各地のお客様に酒類を提供している。
  そんな同社がこだわっているのが、商品を迅速に配送することだ。配送の形態は、“計画配送”と“クイックデリバリー”の2種類。前者では、朝の5: 30までに受けた注文分をすべて当日に配送する。後者にいたっては、注文から15分以内に配達を完了させると公言しているから驚きだ。安樂氏は、この取り組みについて次のように話す。
  「お客様がストレスを感じずに待てるのが約15分間といわれているため、その時間内にお届けする体制を整えています。私たちは弊社の配送サービスを“冷蔵庫代わりに使ってほしい”と打ち出しているので、時間には並々ならぬこだわりがあります」。

導入の経緯

サービスのクオリティー担保のカギとなる受注処理 FAX注文の処理にかかる時間と手間が課題だった

 オーリックには毎日、数多くのお客様から注文が入る。注文は電話、留守電、オンラインショップ、そしてFAXで受け付けるという。そのなかで電話に次いで多いのがFAXによる注文で、割合としては全体の約3割。重要な役割を担うツールであるにもかかわらず、その処理に課題を感じていたと安樂氏は話す。
 「スピードを重視する弊社にとって、発注書を早く、そして正確に処理することは必須課題。特に、当日注文の締め切り時間である朝5:30頃は、1日の注文量の約7割が集中するので、1秒も惜しいほど対応に追われます。 そのような状況下で、FAXの処理スピードがなかなか上がらないことに悩まされていました。FAXの場合、送られてきた発注書を取りに行って、注文内容をシステムに入力し、管理のために発注書を仕分けして、さらには一定期間保管して、最後は破棄処理……という数多くの工程を 踏まなければなりません。これをなんとかできないかと思い、たどり着いたのが『e- 受信FAXサービス』でした」。

 

PDFダウンロード

株式会社オーリック様がFAX受信における課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。
導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。事例ダウンロードはこちらから。

PDFダウンロード

ご利用サービス

受付中の関連セミナー

関連事例