製造業

製造業のお客様の導入事例・トピックスをご紹介します。

記事一覧

FAXの必要性は今後どうなる?柔軟に対応するためのFAX送信サービス

FAXの必要性は今後どうなる?柔軟に対応するためのFAX送信サービス

FAXの必要性について疑問視する声が多く聞かれるようになりました。その一方で、一部の業界ではFAXを廃止できない理由があります。

こちらでは、FAXの今後の必要性についてお話しします。

業務の効率化や通信料、紙の使用量などのコスト削減のみならず 在宅勤務しやすい環境づくりにも一役買ったFAXの電子化。 既存の設備を活かし、スモールスタートできるのも魅力だった。

業務の効率化や通信料、紙の使用量などのコスト削減のみならず 在宅勤務しやすい環境づくりにも一役買ったFAXの電子化。 既存の設備を活かし、スモールスタートできるのも魅力だった。

 アメリカのミネソタ州に本社を構え、世界170ヶ国以上で事業展開するグローバル企業のエコラボ。日本では、50年以上の長きにわたり、ホスピタリティ、フードサービス、食品・飲料工場、産業分野などの顧客と共に、食品安全の促進、清潔で安全な環境の維持、水・エネルギー使用の最適化、オペレーション効率とサステナビリティの向上に取り組んでいる企業だ。
 そんな同社の社内外のコミュニケーションツールとして重要な役割を担っているのがFAXだ。一方で、FAX運用においては、業務効率化やペーパーレス、在宅勤務の推進などさまざまな観点で課題があったという。そのようなときに出会ったのが、ネクスウェイの「FNX e-受信FAXサービス(以下、e-受信FAXサービス)」だった。
 「FAXの電子化に踏み切ったことで、FAXに関するあらゆる課題を解決できました」と語るのは、松村氏、遠山氏、原田氏の3名。同社がFAXの電子化によって実現できたことについて、話を聞いた。

注文書処理にかかる時間が97%削減! スピードアップによるサービス品質の向上に加えて 組織の活性化にもつながったFAX電子化の一手。

注文書処理にかかる時間が97%削減! スピードアップによるサービス品質の向上に加えて 組織の活性化にもつながったFAX電子化の一手。

 戸建住宅用インターホンや集合住宅向けのマンションシステムの他、医療・福祉施設向けナースコールシステム、また、オフィスや公共施設、商業施設などで利用されている業務市場向けのインターホンシステムなど、インターホンメーカーとして広く知られるアイホン株式会社。
 同社の北関東支店では、発注書などのFAXが年間24,000枚も届き、その仕分けや返信にかかる時間に悩まされていたという。
顧客価値向上に全社で取り組んでいるなか、どうにかこのFAX処理を効率化できないものかと悩んでいた。そんなときに出会ったのが、ネクスウェイの「FNX e-受信FAXサービス(以下、e-受信FAXサービス)」だった。
 「導入の効果は非常に大きく、当支店での成果をもとに、今後、全社的な導入を推進していく予定です」と話すのは、北関東支店の東氏と森井氏。今回はこの2人に、FAX電子化による変化について話を聞いた。

FAX仕分けの手間の削減、発注書管理と処理の効率化、そして顧客対応のクオリティー向上へ FAX受注の電子化によって実現した課題解決と期待以上の効果とは

FAX仕分けの手間の削減、発注書管理と処理の効率化、そして顧客対応のクオリティー向上へ FAX受注の電子化によって実現した課題解決と期待以上の効果とは

長い歴史のなかで培われた高い技術力を武器に、現在850社を超える取引先を抱える老舗金属製品メーカーの株式会社ヨネキン。そんな同社に毎日寄せられる大量の注文の大部分は、FAXによるものだという。
「『FNX e-受信FAXサービス(以下、e-受信FAXサービス)』を導入したことで、受注処理や問い合わせ対応といった業務のクオリティーが格段に向上しました」と話すのは、本社営業課 業務グループ 主任の永見氏。聞くと、FAX受注を電子化する以前は、FAX仕分けにかなりの時間をとられることをはじめとしたさまざまな課題を抱えていたという。
『e-受信FAXサービス』は、同社の業務をどう変えたのか。永見氏に詳しく聞いた。

繁忙期のFAX受発注増加を乗り切るためのカギ

繁忙期のFAX受発注増加を乗り切るためのカギ

業界によっては時期ごとに、受発注件数に波があります。受発注件数が増加する繁忙期には業務負荷が高まるため注意が必要です。FAXで受発注を行っている場合、繁忙期には機会損失が生まれる可能性もあります。こちらでは、繁忙期のFAX受発注を切り抜けるためのカギをご紹介します。 

もっと見る