注文書処理にかかる時間が、わずか3分に! スピードアップによるサービス品質の向上に加えて 組織の活性化にもつながったFAX電子化の一手。

お客様のご紹介

2020/10/14

アイホン株式会社様

アイホン株式会社様
創 業 1948年6月1日
資本金 5,388,844,000円
従業員数 1,986名(連結) 1,084名(個別)
(2020年3月末現在)
事業内容 住宅向けインターホン・ドアホン、オフィス・工場向け各種通話機器、医療・福祉施設向けナースコールなどの製造販売
HP https://www.aiphone.co.jp/

導入の背景

年間24,000枚にも上るFAX対応に担当者は疲弊していた


 当社は、愛知県名古屋市に本社を置く、戸建住宅向けインターホンや集合住宅向けのマンションシステム、また、医療・福祉施設向けナースコールシステムやオフィス・工場向け連絡用インターホンシステムなどの製造・販売を行っている企業です。


 私と森井が在籍している北関東支店は、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県のお客様を担当しております。主にお客様からのFAXや電話での注文の受付、及び、当社工場への発注処理や納入後の売上処理を実施する業務課に所属する内勤の社員と、各エリアのお客様へ訪問活動を実施する営業担当が連携を取りながら、少しでもお客様のお役に立つため、日々業務を遂行しています。


事例資料を無料で差し上げます >

—「e-受信FAXサービス」の導入にはどんな背景があったのでしょうか?


 当社は、現在、生産性の向上に向け、資源の有効活用と業務効率化を積極的に推進しています。その取り組みの一環として、FAXでの受発注業務の効率化について検討しておりました。


 そんな折、当社と付き合いのある販売代理店の担当者と打ち合わせをしているなかで、悩みごととして「FAXに関わる業務をもっと効率化したい」と相談をしたところ、「いいサービスを知っています。当社でも導入していますよ」と言って「e-受信FAXサービス」を紹介してくれました。

 非常に興味をもったので、より理解を深めるべくネクスウェイのセミナーに後日参加したところ、パソコンでFAXのデータを確認できるのはもちろん、さらに編集して返信までできることを知って、衝撃を受けたのです。その場で導入したいと強く思いましたね。


 「e-受信FAXサービス」なら当社の課題をきっと解決できると思い、全国の支店に先駆けて北関東支店で導入することにしました。


事例資料を無料で差し上げます >


アイホン株式会社様がFAX受信における課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。 導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。


アイホン株式会社様が導入された、

「FNX e-受信FAXサービス」に関するお問い合わせ/資料請求はこちらから

関連する記事

FAXによる受発注業務の劇的な業務改善とともに顧客満足度の向上も実現

FAXによる受発注業務の劇的な業務改善とともに顧客満足度の向上も実現

因幡電機産業株式会社
電材西日本事業部様

FAXによる受発注業務の大幅な効率向上を達成。拠点フォロー体制構築も視野に

FAXによる受発注業務の大幅な効率向上を達成。拠点フォロー体制構築も視野に

株式会社ジーネット様