MENU

会社概要

お問い合わせ・資料請求

TEL : 0120-341-890

(平日9時~12時/13時~18時)

事務所にいなくても、パソコンでFAXを受信するには?

2019/12/17



従来は、紙を使用して行うしかなかったFAXの受信ですが、現在はパソコンでも受信・編集・返信などが可能です。


こちらでは、パソコンでFAXを受信する代表的な方法をご紹介します。

1. 複合機との連携機能を利用する


複合機のタイプによってはパソコンと連携させることができます。この機能を利用すれば、パソコンでFAXを受信可能です。こうした機能は一般的に「PC-FAX」などと呼ばれています。


複合機に送られてきたFAXはイメージデータに変換されるため、紙やインクが消費されることはありません。FAXを送信する際も、パソコン上のイメージをそのまま送信データとして選択できます。


必要な設備はパソコン、複合機、電話回線の3点です。つまり、紙でFAXを受信できる設備にパソコンをプラスするシステムといえます。パソコンと複合機の接続には、Wi-Fiをはじめとする無線通信を用いるのが一般的です。複合機のメーカーによっては、DropBoxやEvernoteなどのクラウドストレージをイメージデータの格納先として利用できるケースもあります。


当然ながら、連携機能に対応した複合機の導入は必須です。また、同じ企業の異なる事業所間などでFAX文書の共有をしたい場合、複合機のメーカーを統一することが好ましいでしょう。異なるメーカーの製品を使用していた場合、コストをかけてリプレースしなければならない可能性があります。

 




 

2. FAXソフトを利用する


FAXソフトを利用してFAXを受信する方法もあります。FAXソフトがプリインストールされているパソコンもありますが、任意のソフトを選んでインストールすることも可能です。必要な設備はパソコン、モデム、電話回線です。


パソコンがFAX機の役割を担うようなイメージです。複合機を別途用意する必要はありません。


昔はモデム搭載のパソコンが多かったものの、現在はあまり一般的ではありません。そのため、通常はモデムを別途用意する必要があるでしょう。また、常時FAXを受信するためには、24時間パソコンを起動させておかなければなりません。


さらに、大きな手間になるのがインストールです。複数人が利用する場合、それぞれのパソコンすべてにインストールが必要になります。初期設定やアップデートを含めると、オフィスの規模によっては相当な手間になるでしょう。





 

3. FAX受信サービスを利用する


外部事業者のサービスを利用してFAXを受信する方法もあります。事業者によって内容は細かく異なりますが、大きく分けると電話回線を利用せず完全にインターネットのみで受信を完結させるサービスと、既存の電話回線をそのまま利用して受信管理のみをクラウド上で行うサービスの2種類があります。


多くの場合は月額での課金方式です。インターネットがあればどこでもFAXの受信ができます。事業者によってさまざまな機能が搭載されており、クラウドシステム上でFAXを自動仕分けできる機能、文書をシステム上で編集できる機能などが一般的です。


インターネット回線を使用するタイプのサービスの場合、発着信に使用している既存の電話番号が変わってしまうケースがほとんどです。この場合、顧客や取引先に電話番号の変更を周知しなければなりません。また、電話回線を利用するサービスと比較すると、通信が安定しないというデメリットもあります。





 

4. 新しく導入する場合はFAX受信サービスがおすすめ




上述した3つの方法は、「FAXの受信データをファイルとしてパソコン上で管理できる」という点で共通しています。このことによる代表的なメリットは、FAXのペーパーレス化、FAX文書の検索性の向上などです。特にFAXの受信件数が多い現場では、大幅な業務効率化が期待できます。また、パソコン上でFAXの確認や返信ができるので、勤務する場所を問わず作業できることも大きなメリットといえます。


中でもおすすめしたいのが、FAX受信サービスです。月額制のためコスト管理が容易なほか、すぐに利用できるクラウドシステムが提供されるためスピーディーに導入できます。パソコンへのインストール不要で使える点も、情報システム部門には大きなメリットといえます。


ネクスウェイのFNX e-受信FAXサービスはお客様が現在ご利用中の電話番号をそのまま使用するため、電話番号を周知する手間はかかりません。また、FAXの受信にはインターネットではなく電話回線が用いられるため、通信の安定性も担保されています。直観的に利用できるユーザーインターフェースのわかりやすさも、多くのお客様からご評価いただいているポイントです。


***

パソコンでのFAX受信には複数の方法があります。導入コスト、ランニングコスト、運用のしやすさなどを検討し、オフィスに適した方法を選びましょう。FAX受信サービスは既存の環境を大きく変える必要がなくコスト管理も容易なことから、最もハードルが低い方法です。既存の電話番号をそのまま使用できるサービスであれば、顧客や取引先への影響もありません。パソコンでFAXを受信する方法のひとつとして候補に加えてみてはいかがでしょうか。

 





関連する記事

そのFAX、本当に紙での出力が必要?FAX受信サービスによって実現されるメリット

そのFAX、本当に紙での出力が必要?FAX受信サービスによって実現されるメリット

ほぼすべてのオフィスに導入されているFAX。しかし、近年はその必要性が疑問視されています。受信のたびに紙へ印刷されること、仕分けやファイリングの手間などが主な理由です。

こちらでは、紙のFAXの必要性や、代替案としてのFAX受信サービスについてお話しします。

クラウドFAXサービスを選ぶうえで大切な「ユーザーインターフェース」とは?

クラウドFAXサービスを選ぶうえで大切な「ユーザーインターフェース」とは?

「ユーザーインターフェース」という言葉をご存知でしょうか。クラウドFAXサービスなど、システムやツールを選ぶうえで非常に重要な要素です。 こちらでは、ユーザーインターフェースの概要や重要性、どのような点で評価すべきかについてお話しします。