MENU

会社概要

お問い合わせ・資料請求

TEL : 0120-341-890

(平日9時~12時/13時~18時)

いま、FAX送信にFAXサーバではなく、FAXクラウドサービスが選ばれる5つの理由

2019/03/15


システムは導入後も、ライセンスコストや保守コストなどの定常コストがかかります。また、トラブル時の対応や、運用人員の確保のために手間もかかります。 競争力強化のために、独自のカスタマイズが必要な業務システムならば、そのコストも手間も必要でしょう。

しかし、 全てのシステムを自社で持つ必要はあるのでしょうか?


たとえば、自動FAX送信業務。FAXサーバは導入後も、前述のようなコストと手間がかかります。

最近では、自社独自のFAXサーバではなく、FAX ASPサービスを選ばれる企業様が増えています。 その理由は何なのか?詳しく解説いたします!

>>FAX配信業務の効率化ができる「FNX e-帳票FAXサービス」の話を聞いてみる 


理由1 FAXサーバ不要、初期投資ゼロ


FAXサーバの自社立ち上げには、大きなリスクがつきものです。取引先のシステム環境まで想定するなら、システムの規模は大きくなり、開発期間も長引きます。


ネクスウェイの「FNX e-帳票FAXサービス」のようなASPサービスを使えば、初期投資はゼロ。また、通信ネットワークのキャパシティが大きいので、ピーク時の大量データ送信も安心になります。おまけに保守コストもかりません


コストや人的負荷の面から比べても自社のFAXサーバ立ち上げよりずっと大きなメリットがあると皆さんお考えになるようです。




 

理由2 FAXクラウドサービスなら万全の冗長化・災害対策


自社でFAXサービスを構築した場合、もし災害の発生や障害がおきてしまったときには、自社のリソースを使って対応しなければなりません。


そうなった際に、従業員の人件費はもちろんのこと、修理にかかる費用も自社持ちです。 また、いつ災害が起こるかわからない日本では、災害時を見据えたBCP対応もきちんと準備をしておかなければなりません。


しかし、FAX ASPサービスであれば、災害・障害時はサービス提供者が対応にあたるため、自社のリソースを大幅に使わなくても大丈夫です。加えて、災害時も大半のクラウドサービス業者がサービスセンターを強固な場所に構えているので安心できます。




 

理由3 多様なデータファイル形式に対応


そこで気になるのが対応データの形式になるかと思いますが、FAX ASPサービスは多くのデータ形式に対応できるものがほとんどです。

例えば、「FNX e-帳票FAXサービス」の場合、従来一般的だった固定長ファイルに加えて、CSVテキスト、PDF/TIFFといったイメージデータにも対応しています。


しかも通信プロトコルは、全銀TCP/IP手順に加えて、FTP、電子メール(SMTP)などが利用できますホストシステムのみではなくオープン系システムとの連携も容易で、さまざまなアプリケーション環境に対応しているわけです。




 

理由4 自社オリジナルの帳票出力が可能


どんな帳票レイアウトが可能なのかということも、ぜひチェックしていただきたいポイントです。

例えば、「FNX e-帳票FAXサービス」の場合、フォントやサイズなどが幅広く設定でき、ロゴマークやバーコードなどの印字も可能です。そのため現在使用している帳票の体裁をほぼそのまま踏襲することができます。


またFAXのみではなく電子メールでの受信を希望されるお客様の声にも応えることができるため、デジタル化の流れにも遅れをとりません。




 

理由5 送信管理はFAXクラウドサービスで万全



FAXが確実に送り先に届いたかも重要なポイントです。FAX ASPサービスでは、送信管理ができるサービスも付帯していることが多く、画面上で各種FAXの送信管理を行うことができます。


例えば、ネクスウェイでは「FNXnaviⅡ」というサービスをご提供しています。これを利用すればWebブラウザ上で送信状況の確認や再送信指示などが行えるほか、配信後のログレポートや送信済原稿を見ることができます。送信結果や不達の通知、そしてFAX送信で必ず問題となるリダイヤルなどもすべて安心してお任せいただけます。送信状況は365日24時間体制でしっかり管理されているので、送信の監視・運用・保守に関するユーザーサイドの負担はほとんどありません










およそ30年で約800社が導入、確かな信頼と実績のFAX送信サービス


株式会社リクルートを母体として生まれたネクスウェイ。そのFAX配信サービスは、すでに30年を超える実績を持ち、800社以上の企業様で使われています

ネクスウェイは情報守秘が義務付けられている総務省管轄の通信事業者でもあるため、お客様の情報や登録内容も常に厳格に管理し、個人情報保護の面でも安心してご利用いただけます。

>>FAX配信業務の効率化ができる「e-帳票FAXサービス」の導入事例を資料請求する【無料】


いかがでしたでしょうか?
帳票のFAX送信にかかわるコストや人的負荷はどうやっても減らせないと、もしお考えであれば、ネクスウェイの「FNX e-帳票FAXサービス」をぜひ一度ご検討ください。

関連する記事

複合機・オンプレFAXサーバー・クラウドFAXサービスの比較

複合機・オンプレFAXサーバー・クラウドFAXサービスの比較

FAX機能付きの複合機は業務用FAX送受信設備の代表例です。また、FAX利用が頻繁な企業では、オンプレFAXサーバー、クラウドFAXサービスも利用されています。

こちらでは、複合機・オンプレFAXサーバー、クラウドFAXサービスの比較についてお話しします。

繁忙期こそ要注意!この季節だからこそのFAX配信速度の対策

繁忙期こそ要注意!この季節だからこそのFAX配信速度の対策