MENU

会社概要

お問い合わせ・資料請求

TEL : 0120-341-890

(平日9時~12時/13時~18時)

  • 【株式会社バートル様×株式会社アクトシステムズ様事例】納期回答などFAX送信の所要時間を従来の0.4%に削減!
  • 【株式会社ジーネット様】 FAXによる受発注業務の負荷軽減を図るために 『FNX e-受信FAXサービス』を導入、 業務効率の大幅な向上を達成し、 拠点フォロー体制構築も視野に
  • ビジネストランザクションの際をつなぐ株式会社ネクスウェイ
  • ビジネストランザクションの際をつなぐ株式会社ネクスウェイ

製造、卸売、金融、不動産など、あらゆる業界で活用されている企業間商取引支援ソリューションを提供するネクスウェイ

グローバル化、事業の多角化、流通のスピードの変化など、企業が成長を取り巻く環境は刻々と変化しています。
加えてクラウドなどIT技術の進歩により、システム環境も変化し続けています。
しかし、基幹業務における取引先への情報伝達がなくなることはありません。
変化に対応し、柔軟に変えていくことが、企業の発展に求められていることではないでしょうか?
そのような環境の中で、ネクスウェイは「基幹系情報配信の最適化」を実現する、
企業間商取引支援ソリューションを提供しています。

「基幹系情報配信の最適化」の実現に必要なものとは

基幹業務における取引先への情報伝達は、ミッションクリティカルな業務です。
まさに「水道をひねれば水が出る」ごとく止まらないことが当然であるべきです。
情報伝達が滞ることは業務に大きな支障を与えます。
 
しかしながら、システムにおいて「配信」システムは足回り部分となります。
足回りではあるものの接続・通信などトラブルが発生しやすいポイントでもあり、
運用・保守には工数がかかっている企業様が多いのも事実です。

ネクスウェイの提供価値

提供サービス一覧

  

  


ブログ一覧

自動FAX受信サービス移行時のFAX番号変更問題

自動FAX受信サービス移行時のFAX番号変更問題

既存のFAXから自動FAX受信サービスに移行する際の番号変更問題についてお話しします。 

【株式会社ヨネキン様】FAX仕分けの手間の削減、発注書管理と処理の効率化、そして顧客対応のクオリティー向上へ FAX受注の電子化によって実現した課題解決と期待以上の効果とは

【株式会社ヨネキン様】FAX仕分けの手間の削減、発注書管理と処理の効率化、そして顧客対応のクオリティー向上へ FAX受注の電子化によって実現した課題解決と期待以上の効果とは

長い歴史のなかで培われた高い技術力を武器に、現在850社を超える取引先を抱える老舗金属製品メーカーの株式会社ヨネキン。そんな同社に毎日寄せられる大量の注文の大部分は、FAXによるものだという。
「『FNX e-受信FAXサービス(以下、e-受信FAXサービス)』を導入したことで、受注処理や問い合わせ対応といった業務のクオリティーが格段に向上しました」と話すのは、本社営業課 業務グループ 主任の永見氏。聞くと、FAX受注を電子化する以前は、FAX仕分けにかなりの時間をとられることをはじめとしたさまざまな課題を抱えていたという。
『e-受信FAXサービス』は、同社の業務をどう変えたのか。永見氏に詳しく聞いた。

自動FAX受信サービスを選ぶポイント

自動FAX受信サービスを選ぶポイント

一口に自動FAX受信サービスといっても、その仕様や料金設定はさまざまです。導入するサービス選びを間違うと、期待していた導入効果が出ないこともあります。こちらでは、自動FAX受信サービス選びのポイントについてお話しします。
-----------------------------------------
サムネ、記事ブロックの画像は2:3(縦:横比率)に補正後、アップロード
フォトビューワーのトリミング機能で補正可能

下部のエントリーフォームは現状2種類ぽい。
画像はエントリーフォームから直接保存しておく。
https://www.nexway.co.jp/form/contact/?id=70110000000ld1I
https://www.nexway.co.jp/form/contact/?id=70110000000lbvT

もっと見る