MENU

会社概要

お問い合わせ・資料請求

TEL : 0120-341-890

(平日9時~12時/13時~18時)

  • 【株式会社バートル様×株式会社アクトシステムズ様事例】納期回答などFAX送信の所要時間を従来の0.4%に削減!
  • 【株式会社ジーネット様】 FAXによる受発注業務の負荷軽減を図るために 『FNX e-受信FAXサービス』を導入、 業務効率の大幅な向上を達成し、 拠点フォロー体制構築も視野に
  • ビジネストランザクションの際をつなぐ株式会社ネクスウェイ
  • ビジネストランザクションの際をつなぐ株式会社ネクスウェイ

製造、卸売、金融、不動産など、あらゆる業界で活用されている企業間商取引支援ソリューションを提供するネクスウェイ

グローバル化、事業の多角化、流通のスピードの変化など、企業が成長を取り巻く環境は刻々と変化しています。
加えてクラウドなどIT技術の進歩により、システム環境も変化し続けています。
しかし、基幹業務における取引先への情報伝達がなくなることはありません。
変化に対応し、柔軟に変えていくことが、企業の発展に求められていることではないでしょうか?
そのような環境の中で、ネクスウェイは「基幹系情報配信の最適化」を実現する、
企業間商取引支援ソリューションを提供しています。

「基幹系情報配信の最適化」の実現に必要なものとは

基幹業務における取引先への情報伝達は、ミッションクリティカルな業務です。
まさに「水道をひねれば水が出る」ごとく止まらないことが当然であるべきです。
情報伝達が滞ることは業務に大きな支障を与えます。
 
しかしながら、システムにおいて「配信」システムは足回り部分となります。
足回りではあるものの接続・通信などトラブルが発生しやすいポイントでもあり、
運用・保守には工数がかかっている企業様が多いのも事実です。

ネクスウェイの提供価値

提供サービス一覧

  

  


ブログ一覧

繁忙期のFAX受発注増加を乗り切るためのカギ

繁忙期のFAX受発注増加を乗り切るためのカギ

業界によっては時期ごとに、受発注件数に波があります。受発注件数が増加する繁忙期には業務負荷が高まるため注意が必要です。FAXで受発注を行っている場合、繁忙期には機会損失が生まれる可能性もあります。こちらでは、繁忙期のFAX受発注を切り抜けるためのカギをご紹介します。 

受発注業務をすぐに電子化することは可能か?

受発注業務をすぐに電子化することは可能か?

ペーパーレス化の重要性が叫ばれている現在も、FAXによる受発注を続けている現場は少なくありません。取引先への受発注をすぐに電子化することは可能なのでしょうか?

FAX配信サービスとソフトウェアの連携による自動化・効率化

FAX配信サービスとソフトウェアの連携による自動化・効率化

近年展開されているサービスには、他のソフトウェアと連携できるものもあります。FAX配信サービスも、他のツールと連携することでさらに有用性が高まるでしょう。

もっと見る