dkmm1f0000002mk7
  1. HOME
  2. セミナー情報
  3. 製薬会社向け講演会 「チーム医療のアンカーである薬剤師が語る!薬局現場での情報活用の真実」

製薬会社向け講演会
「チーム医療のアンカーである薬剤師が語る!薬局現場での情報活用の真実」

終了

会場
株式会社ネクスウェイ セミナールーム

東京

日程
2014.11.21 (金) 15:30〜

プログラム

■開催のご挨拶 15:30~15:40
NEXLINK事業本部 コミュニケーションデザイン事業部 グループマネージャー 竹野 博敬

■特別講演
講演テーマ「薬局現場における情報収集の必要性と活用の実態」

1. メディスンショップ蘇我薬局 管理薬剤師 雑賀 匡史 様  15:40~16:10
主な講演内容
 ◆在宅現場にて医師の処方が変わる実態(その時の薬の選び方)
 ◆後発品選定時のプロセス(採用外の情報を集める必要性)
 ◆先発薬を医師と相談して決める実態
 ◆患者のコンプライアンスを高める指導方法と必要資材について 他
質疑応答 16:10~16:20

2. 有限会社ミナミファーマシー 取締役 山田 真幸 様  16:20~16:50
主な講演内容
 ◆ドクターごとの薬の使い分けと薬剤師としてのコミュニケーションの仕方
 ◆製薬会社からの資材の活用事例
 ◆長期処方の医薬品のコンプライアンス向上の取り組み(研究結果を用いて) 他
質疑応答 16:50~17:00

■休憩 17:00~17:10(10分)

■薬局薬剤師調査より
~チーム医療のアンカーとして、現場の実態はいかに~ 17:10~17:30(20分)

NEXLINK事業本部 コミュニケーションデザイン事業部 メディアプロデューサー 佐藤 稔里
薬剤師へのアンケート調査による薬局での情報活用をさまざまな視点からお伝えします。
(調査例)医師とのコミュニケーション頻度、自身の提案により処方が変わった経緯、 後発品の選定ポイント など

※当講演会は製薬・医療機器メーカー従事者の方限定となります。
※プログラム内容は変更になる可能性がございますのでご了承ください。

開催概要

タイトル 製薬会社向け講演会
「チーム医療のアンカーである薬剤師が語る!薬局現場での情報活用の真実」
日程 2014.11.21 (金)
時間 15:30~17:30(開場15:15)
会場 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル5F ※地図
参加費 無料
定員 40名 ※満席の場合は先着順とさせていただきます。
講師紹介
~講師紹介~

メディスンショップ蘇我薬局 雜賀 匡史(さいが まさし)氏
管理薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 認知症ケア専門士
[略歴]
2007年 東邦大学 大学院 臨床病態学研究室 卒業
2007年 Canada Edmonton University of Alberta 
(カナダ エドモントン州 アルバータ大学)薬学部 留学(訪問研究員)
2009年 山王病院 入職
2010年 メディスンショップ蘇我薬局 入職
千葉県薬剤師会 在宅医療委員会 委員など多くの委員としてご活躍
著書:調剤と情報 2014年7月臨時増刊号 「テーマ 認知症」他


有限会社ミナミファーマシー 取締役 山田 真幸(やまだ まさき)氏
管理薬剤師 ケアマネージャー 認定実務実習指導薬剤師 
[略歴]
1984年  昭和薬科大学薬学部卒業
同年   ビーチャム薬品(株)営業部入社
1987年 (有)清水調剤専門薬局入社
1991年 (株)川田薬局入社
2002年 (有)ミナミファーマシー 取締役 管理薬剤師
横浜市薬剤師会理事、横浜市介護認定審査会委員、横浜市救急医療センター薬局管理責任者、じほう社「ジェネリックガイド」編集委員など幅広い場でご活躍

0120-341-890 [平日]9時~12時/13時~18時