4otfsk000000mpyc

キャンペーン施策のPDCAを行い成果を上げたい

導入サービス

キャンペーン施策のPDCAをきちんと行い、次回施策へつなげたい
各店舗で施策が徹底されているか、店舗からフィードバックをもらいたいが大変・・・



・店舗での施策の実施が徹底できない

・情報が店舗に正しく伝わっているかわからない/そのフォローが手間

・施策の結果を店舗から収集するのが手間

・次の施策にもっとスピーディに結果を活かしたい

《店舗maticで解決!》
アラーミング/アンケート機能を使い、施策を徹底させ、次の施策に活かすことができるように!


例:A社のお花見キャンペーン キャンペーン内容

・お花見キャンペーンを全店舗にて3/20~4/5まで実施。
・店舗では以下の3つの作業が必要。

①3/18までに、店舗内の全員のスタッフにキャンペーンの説明。
②3/19中に、キャンペーン向けの店内レイアウトに変更。
③キャンペーン終了後の4/9までに、結果アンケートを提出。



店舗maticを使って実現したこと

【Plan】
施策の概要や狙い、やるべき作業を店舗に確実に伝達。

① 企画内容を漏れ無く確実に伝達
② 企画内容を「お知らせ」「カレンダー」などで把握




【Do】
全店舗で、必要な作業を確実に実施。
本部側のフォローが以前よりも少なくて済んだ。


③ 「予定している作業」を確認し、レイアウト変更と説明会を期日までに完了。報告ボタンを押す。

④ 各店舗の実施状況を確認し、必要な店舗にはフォロー



【Check Action】
施策の結果や、お客様から聞いた声を店舗から素早く収集し、次の施策に行かすことができた。

⑤ 「期限が迫っている回答」で終了後のアンケート期日までに回答。

⑥ 回答をエクセルやCSVで取り込み確認。今後の施策や、店舗へのフィードバックも活用。

店舗maticでできるPDCAサイクル
店舗maticでできるPDCAサイクル

関連事例

情報量の増加とコミュニケーションツールの多様化で店舗の事務作業が増大

急激な店舗増によるオペレーション品質の店間格差を解消

書籍以外の商品も取り扱っていくという「ブックバラエティストア」戦略実現のための障壁

苦情・クレームは企業を良くするための一番のヒント。対策を考えるポジションの人間がスピーディにクレームを把握できることが大事。

0120-341-890 [平日]9時~12時/13時~18時