4otfsk000000hko2

急な発送に対応したい

● 急に発生した郵送案件・・・
絶対に届けなくてはいけない情報だから、やるしかないのですが・・・


トラブル続きで最近ねれないよ FAXが送られてこないって・・・ちゃんと送られているはずなのに ハードがぼろぼろで新しくしたいけど予算がない 管理する人員は常に確保しないと・・・

急に発生する

・セミナーの追加集客DM
・顧客へのお知らせ
・マニュアルの一部修正
・本社(本部)からの通達事項

などなど・・・
いずれも緊急度が高く、即対応が求められると同時に、急な発送依頼を必要とします。
案件が案件なだけに先送りすることもできず、発送作業に対応せざるを得ません。


 しかし、手作業で発送作業を実施していると急な案件に対応しずらく、また、そのためだけに事前に人員を確保しておくことも不可能なため、発送案件がでるたびに、残業するなどしてチーム全員で業務をまわして乗り切るしかない。
そうお考えの方も多いのではないでしょうか?

≪e-オンデマンド便サービスで解決!≫
19時までの発送支持で翌日営業日発送が可能に。しかも作業は数分で完了。


FAXシステムに求められていることを、システム・回線・体制面など多方面から具備しています。

お手元のPCから宛先・原稿を指定しインターネット上で発送依頼を行うことができる「e-オンデマンド便サービス」なら、

・急な発送案件に対応できない
・他の業務より優先させて、チーム全員で発送作業をまわしている

といった課題を解決します。

「19時までの発送指示」で、「翌営業日発送」が可能!
さらに、印刷・ホチキス止め・封入・宛名貼りなどの発送業務が、「数クリック」で終わるため、かかる時間は「ほんの数分」。
数時間かかっていた業務を数分に短縮することも可能です。

さらに、導入費用・月額基本料金は0円、発送料金(印刷代等込み)は送った通数によるご請求となりますので、急な郵送案件が発生した時だけお使いいただくこともできます。

関連事例

参入企業が多く、激戦区と化している人材業界。ディップ株式会社(以下ディップ)では、激戦を勝ち抜くためにDM活用に取り組み営業成果につなげることに成功。その詳細についてうかがいました。

昨年最も商談・成約につながったのは、e-オンデマンド便(A4ハガキ)によるDMでした。今年は発送数を2.5倍に増やします。

郵送物発送業務をワークフロー化へに成功。
多くの業務を抱える担当者のオーバーワーク軽減へ

0120-341-890 [平日]9時~12時/13時~18時