4otfsk000000j2j2

FAXサーバとASPサービスってどっちがお得?

●FAXサーバとASPサービスってどっちがいいんだろう?
双方のメリット・デメリットを比較したい


企業で発生する発注書などの帳票を、システムから自動的にFAX送信されている会社様は多くいらっしゃいます。

自動FAXの実現には、

①FAXサーバを自社で保有する。
②ASPのFAX送信サービスを利用する。

の2つの手段があります。

では、実際にどちらの方がメリットがあるのでしょうか?

≪TCOで見るとASPサービスの方がお得≫
障害のリスク、保守運用コストに大きな差


郵送帳票サービス図

FAXサーバを自社で持つ場合、サーバ購入費などのイニシャルコストがかかり、ランニングコストでは通信費がかかります。

加えて、FAXサーバの場合は、別途保守・運用コストがかかり、障害のリスクも常に付きまといます。

ASPサービスの場合は、イニシャルコストは安くすみますが、ランニングコストにはサービス料金が加算されます。

それらのトータルコストを比較するとASPサービスの方がメリットが大きいと言えるでしょう。

FNXe-帳票FAXサービスの詳細はこちら

関連事例

阪急阪神エクスプレスでは、従来のサーバ環境をクラウドへと移行、FAX送信の新たな仕組みとして、ネクスウェイのFNX e-帳票FAXサービスを採用。
これにより5年間で400万円以上のコスト削減と、不達再送時の負荷軽減という大きな2つの効果をもたらした。

コクヨS&T株式会社様の帳票データを配信するクラウドサービス「@Tovas(あっととばす)」。 配信手段の1つであるFAX送信機能でFNX e-帳票FAXサービスと連携いただいています。 お客様に提供するサービスの一部としてのFAX配信サービスとして重視している点と、FNX e-帳票FAXサービスの評価についてお聞きしました。(4分30秒)

FNX e-帳票FAXサービスとe-SYOHSIの連携で複数システムからのFAX送信を統合。
標準化と安定稼働で運用工数とコストを削減

同社ではこれまで、仕切り書や納品書などの膨大な伝票の配信業務に、郵送とFAX、メールを併用していた。しかし、経費削減の観点からコストのかかる郵送分を別の方法に置き換えることを検討。

OA機器メーカのA社は販売店への納期回答に自動FAX送信「FNX e-帳票FAXサービス」を活用。業務のスピードアップとTCO削減に成功。

0120-341-890 [平日]9時~12時/13時~18時