ネクスウェイの郵送DM

MENU

会社概要

お問い合わせ・資料請求

TEL : 0120-341-890

(平日9時~12時/13時~18時)

もっと伝わるDMを作成するためのサポート

なぜ“もっと伝わるDMを作成する”必要があるのか。
なぜならDMは受け取ってから問い合わせに至るまで、5つのフェーズがあります。

  その中でも重要なのが、『理解する』という部分であり、つまり受け手に『伝わる』ことがなければ問い合わせには至らないからです。ここではDMの効果を上げるための『もっと伝わるDM作成』に必要な5つのポイントをご紹介します。また、アドバイスは無料で行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

5つのポイント

    

1.目的の整理

  何のために、DMを送るのでしょうか?DMの施策を行う上でまず重要になるのは、DMの目的と、ゴールをしっかり設定することです。

(1)サービスの資料請求をさせたいのか
(2)何かを注文させたいのか
(3)セミナーを案内したいのか

  上の3つの例だけを挙げてみても、記載すべきポイントは大きく異なってきます。
また、目的設定において重要なもう一つのポイントが、 受け手にこのDMで、まず最初に、どういった反応をさせるかというポイントです。
  DMのゴールを上手く設定することで、全体の反応率の底上げであったり、今すぐではなくとも、内容自体には興味があり、後ほど顧客になってくれそうな方が誰か?をあぶり出すこともできるのです。

2.ターゲティング

  DMの目的設定ができたら、次に「ターゲットの設定」です。
ターゲティングではいかにターゲットのペルソナ設定を詳細に行うかが重要であり、ここではターゲティングのポイントを3ステップでご紹介します。


3.原稿作成

  さて、次はついに原稿作成です。初めにDMを受け取ってから問い合わせに至るには5つのフェーズがあるとお伝えいたしました。ではそれぞれのフェーズに何が影響を与えるのでしょうか。

  上記のとおり、形状やデザインはもちろん手にとっていただくために重要となりますが、我々がDMで最も重要視し、伝わるDMに欠かせないのが“ストーリー”です。
下記にストーリー設計の意識するべきポイントを1つご紹介します。

  反響の高いDM原稿を作成いただくにあたり、大前提となるのが、受け手に対し「自分に関係のある内容だと思ってもらう」ことです。DMを受け取った方が問い合わせ等、何らかのアクションを取ってもらえるまでには、「無関心」「無知」「不安」「不急」という4つの障壁があります。

  この4つの壁を受け手が越えることで、初めて問い合わせをしていただけるのです。 先程抽出したターゲットは、この4つの壁のどのあたりで引っかかってしまいそうでしょうか?
弊社プランナーのDM原稿アドバイスでは、この4つの壁を取り除くことをポイントにご説明させていただきます。

4.実行

  目的が整理され、ターゲットの抽出、原稿ができあがれば、いよいよDMの送付です。 また、実行の際に重要になるのが、このDMをどのタイミングで送付するのかというポイントです。受け手の状況をできるだけ想像し、申し込みをもらうためにはいつ頃に情報が届いているといいのか、などを検討しましょう。
  また弊社では出来る限り事前の施策検討や後の振り返りに多くの時間を費やしていただけるよう、WEB上で印刷~発送までを一貫して注文できるサービスを提供しています。

  実行の手間部分は出来るだけ簡易化し、事前準備や振り返りに時間をかけましょう。

5.振り返り

  DM送付後、実施までに整理した内容(目的・ターゲット・原稿)と、実際の反響を振り返りましょう。
今回のDMでは、どれだけの反響が得られたでしょうか? 反応を多角的に判断し、次にどのような部分を改善すべきか、客観的に判断し、次回の施策に生かして行きましょう。