faxdmは値段や早さなどの魅力がある広告手段

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

faxdmは値段や早さなどの魅力がある広告手段

faxdmは値段や早さなどの魅力がある広告手段

これから集客活動を始めたいと考えている企業担当者の方へ


企業の担当者として販促活動を展開する上では、faxdmを活用するのも一つの方法です。faxdmは、メールのように、受け取った人に開封する手間暇の負担がかからないため、内容に目を通してもらいやすく、レスポンスの向上が期待されるという魅力があります。また、ハガキや封書など、郵送によるダイレクトメールと比較して、リーズナブルな値段設定がなされているのも魅力的です。
faxdmは、その名の通りにファクスによるダイレクトメールで、電話回線を使用し、相手方のファクス受信機へと情報発信を行なうこととなります。通常のファクス送信とは異なり、数千・数万という単位で情報を発信するためには、「FAX一斉同報」と呼ばれるシステムを導入することが必要となります。
販促手段にもさまざまなものがありますが、その中でも、faxdmは、負担する費用が少なくて済み、スピーディーに、簡単に利用することができるというメリットがあります。例えば、電話で営業活動を行なう場合、通信費に加えて、スタッフの人件費が発生することとなります。また、郵送によるダイレクトメールでは、郵便料金を負担しなければなりません。それらの広告手段と比べて、費用の負担が圧倒的に軽くて済むのは、faxdmの魅力です。
また、集客活動の準備を始めてから、実際のアクションを起こすまでの時間が短くて済み、スピーディーなレスポンスを期待することができるのも魅力的です。faxdmの場合、ターゲットとする顧客層のリストと、送信する原稿さえ用意すれば、即座に情報を発信することができます。

faxdm を活用するメリットとは?


さまざまな広告手段がある中でも、faxdmは、設定されている値段や、情報発信・レスポンスにかかる時間、利用方法の難易度という魅力を持っています。情報を発信するのに先立って準備するものは、モノクロの原稿と、送信先のリストだけで済みます。その内、原稿は、郵送によるダイレクトメールと比較して、簡単なもので良いので、準備にかかるコストや時間、エネルギーの負担を軽減することができます。例えば、日常的なビジネスシーンで使用している表計算やプレゼンテーション、文書作成のためのソフトウェアで作成したものでも、十分に効果を期待することが可能です。また、ターゲットとする企業のファクス番号は、ホームページなどに掲載され、一般公開されているものを使用できるため、宛先の情報を収集するのも簡単です。
faxdmを活用した販促活動では、負担する費用が少なくて済むため、他の情報媒体と同じ数のレスポンスがあったとしても、一件あたりの得られる利益は高く、コストパフォーマンスの良くなることが期待されます。また、集客活動の成果を高めるためには、市場の動向や、自社の置かれている状況に合わせて、臨機応変な対応をすることがポイントになります。そのような意味合いからしても、スピーディーに情報発信を行なうことのできるfaxdmは、利用価値の高い広告媒体と考えられます。

その他のチェックポイントはこちら


faxdmは、値段が安上がりで、早く、容易に情報発信を行なうことのできる広告媒体です。例えば、利用方法が簡単なものであるため、経験やスキルの浅いスタッフでも、問題なく販促活動を行なうことが可能になります。
また、faxdmを活用して営業する場合、一般的な目安となるレスポンス率というものがあるので、あらかじめチェックしておくことをおすすめします。こちらを基準として、自社の反応率を比較することで、効果のほどや、改善策が必要となるかどうかを把握することができます。ダイレクトメールの反応率は、情報発信の目的や、取り扱う商材によってさまざまに変わってきますが、自分なりの工夫を凝らすことによって、効果を高めることは可能です。業者の中には、faxdmの利用を検討しているそれぞれの会社の適性やニーズ、希望条件をヒアリングした上で、必要な情報を提供したり、適切なプランを提案したりしてくれるところもあるので、チェックしてみると良いでしょう。
インターネットの接続環境やIT機器の普及により、最近では、ウェブを活用した広告手段が採用されるケースが増えてきています。こうした状況の中でも、以前から存在するfaxdmという広告手段を採り入れることによって、新たな顧客層を開拓することのできる可能性があります。そのようにして、複数の広告手段を組み合わせることにより、従来よりも幅広い顧客層を取り込み、自社のビジネス活動を有利に展開することができるでしょう。
ウェブ広告の場合、広告を閲覧するまでに特定のキーワードで検索をかける必要があります。そのように、限定された顧客層に対しては効果的な広告媒体ですが、faxdmをとり入れることで、さらに幅広い層の顧客をターゲットとして営業活動を行なうことが可能となります。