faxdmの書き方と営業のツールとして活かす方法

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

faxdmの書き方と営業のツールとして活かす方法

faxdmの書き方と営業のツールとして活かす方法



営業に役立つfaxdm



faxdmは、新たな情報発信ツールとして見直しがされています。最近ではペーパーレス社会の影響もあり、メールが主流になりつつありました。しかしながら、あえてこの時代だからこそファックスを利用してのダイレクトメールが効果的ではないかと考えられているのです。営業のツールとしてメールや電話、郵送でのダイレクトメール、ポスティングといったものがあります。もちろんそれぞれにメリットはあるのですが、成果が出るためにはかなりの費用と時間をかけなければならないというデメリットもあります。

メールはすぐに送信することができること、通信料しかかからないためにかなりリーズナブルな販促手段です。しかしその反面、いろいろな店舗が利用するツールであるために埋もれてしまいがちであること、相手がきちんとチェックをしてくれないことも多いというデメリットがありました。それに対して郵送でのダイレクトメールは、紙媒体で送ること、他の郵便物も合わせて届くことから相手に目を通してもらいやすいというメリットがあります。書き方を工夫したり、クーポンをつけたりということをすれば成果にもつながりやすいです。その反面、送料や印刷代といった経費はメールよりも大幅にかかること、発送して手元に届くまでのタイムラグがあるというデメリットがあります。

この両者の問題点を解決したのが、それぞれのツールの良いところを集めたfaxdmなのです。ファックスを利用することによって、郵送でのダイレクトメールのように印刷代がかからず通信費のみで相手に届けることができます。それでいて思い立ってすぐに送ることができて、なおかつ一斉送信をすることも可能です。手間を最小限にしつつも紙媒体で送るため、相手に手にとってもらいやすいとても便利なツールなのです。



faxdmの書き方



faxdmを作成しようと思った際に、多くの人が困ることがどのようなデザインにするかということです。便利な販促ツールとして注目を集め始めているものの、まだまだ新しいジャンルであり実際に作成したことがあるという人も少ないのです。また、あまり受け取った経験もないことが多く、どのような内容で作成すれば見やすくてなおかつ成果につながるのかいまいち理解できないことも少なくありません。そこで、作成に関してはfaxdmを製作している業者に相談をすることをおすすめします。このような専門業者はノウハウを持っており、テンプレートもたくさん持っています。そのため、テンプレートに従って作成すれば誰でも簡単に成果の出やすい原稿を作成することが可能です。

また、オリジナルのものを発送したいと思った場合には、自分たちで作成したものに対してアドバイスをしてもらい作成するということも可能です。これはとてもありがたいサービスであり、なおかつ次に繋がるためのアイデアについても指示をしてもらえます。一度ファックスを送信し、その結果によって次回配信の原稿についてのアドバイスをもらうことができるのです。

せっかく手間暇かけて作成したfaxdmを送付するならば、一人でも多くの人にしっかりと目を通してもらいたいですし、それを見た顧客にアクションを起こして欲しいと思うものです。そこで、プロに原稿をチェックしてもらい書き方のノウハウを習った方が成果も出やすいですし、作成に手間もかけずにすみます。もちろん、無料で全てを行ってもらえるわけではないですが、他の方法に比べると十分費用も安くできて効果が期待できるとなれば、ここはコストをかけるべき項目であると言えます。



faxdmで営業の成果を出す



どれだけプロに依頼をして成果の出るfaxdmの書き方を習っても、それだけでは完璧とは言えません。相手の目に留まったからといって、それで皆がアクションを起こしてくれるわけではないのです。ファックスを目にすることで興味関心を持ったとしても、そこから行動に移す人はごく少数です。そこで、faxdmをみて興味関心が湧いた人たちがさらに最後に契約や購入といったところまでアクションを起こすためにしっかりと営業をすることが重要です。

やはり、最後の行動として必ず行いたいのが販促のための電話がけです。電話をかけることによってファックスをきちんと見ているかどうかの確認ができます。見ていない人にはもう一度見て欲しいと伝えることができますし、万が一内容を確認せず破棄している人がいれば、その内容を確認してもらうチャンスにもなります。

また、目を通して興味はあるものの問い合わせや購入までにはいかなかった人でも、電話をすることによって少し説明を聞いてみようと思えたり、本格的に見積もりや購入に踏み込めたりという成果につながりやすくなります。やはり、ただ送りっぱなしにするよりは、そのあとの電話まで行った方が成果は高くなりやすいのです。電話のかけ方についても、専門業者に原稿作成依頼をすれば、送信のタイミングや電話をかけるタイミングについてもアドバイスをもらうことが可能です。