faxdmのテンプレート作成などでお困りの方へ

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

faxdmのテンプレート作成などでお困りの方へ

faxdmのテンプレート作成などでお困りの方へ

マーケティング活動を行ないたいと考えている企業担当者の方へ



企業でマーケティング活動を行なうにあたっては、faxdmを活用するのもおすすめの方法です。ただし、faxdmによる営業活動を行なっている会社は数多く存在するため、ライバルとの差別化を図り、高いレスポンスを期待するためには、それなりの工夫を凝らす必要があります。

そのような目的を果たすためには、まず、高い反響が見込まれるfaxdmを送信し、その後にテレアポを実行するのも一つの方法です。テレアポは、古くからある営業手段で、直接電話をかけて話をすることにより、相手の反応が分かりやすいというメリットがあります。あらかじめファックスを送信し、ある程度の情報を伝達してからテレアポを行なうことによって、商談はスムーズに、スピーディーに進むことが期待されます。

テレアポと比較して、faxdmは、営業活動を行なうにあたって負担することになるエネルギーや時間、コストが少なくて済むというアドバンテージがあります。その一方で、電話のように、相手と双方向の情報交換・コミュニケーションを行なう訳ではなく、一方的に送信するダイレクトメールでは、どれほどの成果が上がっているのかを把握するのが難しいという問題点も存在します。とは言うものの、ファックスを送った結果、その内容に興味・関心を持ったターゲットからレスポンスがある可能性もあります。そういう意味では、faxdmによって双方向の情報交換やコミュニケーションを成り立たせることも可能になります。

営業活動の手段として、テレアポだけを行なう場合、他社との差別化を図ることは難しくなってしまいます。そのような問題を解決するためには、faxdmという営業手段も取り入れることをおすすめします。



反応の良いレスポンスが見込まれるテンプレートを作成するために



これからfaxdmを送信したいという気持ちはありながらも、メッセージの作成方法が分からないために、実際のアクションを起こせないでいる方もおられるのではないでしょうか?そのような問題を解決するには、テンプレートを利用するのも一つの手段です。

faxdmによるマーケティング活動に於いて、レスポンスを良くするためには、クオリティの高いメッセージを作成し、送信することがポイントになります。そのような目的を果たすためには、誰に何を伝えるのかという、ターゲットとアピールポイントを明確にすることが大切です。こちらは、ダイレクトレスポンスマーケティングの基本で、やみくもにfaxdmを発送するのではなく、ターゲットとなる顧客層の興味・関心を惹きつけることができるようなテンプレートを作成するようにしましょう。そのようにして、高い反応率が見込まれるひな形が完成すれば、後は一斉に送信すれば良いだけです。faxdmの一斉送信にかかるコストを無駄にしないためにも、ひな形の作成にあたっては、その内容をじっくりと検討することが大切になります。



送信先リストの用意と、送信するタイミングの選び方について



faxdmの送信にあたっては、送信先のリストを用意する必要があります。こちらは、自分で作成することもできますが、負担することになるエネルギーや時間、コストを考慮すると、faxdmの配信を代行する業者から提供してもらうのも良い方法でしょう。また、配信代行業者を利用すると、各企業のニーズや希望条件にマッチしたプランを提案してくれるほか、トラブル防止のためのサポートなども行なってもらうことが可能になります。そして、テンプレートの作成にあたって疑問や不安が生じた場合にも、専門の業者スタッフに相談・問い合わせを行ない、アドバイスや回答を得ることができます。特に、テンプレート作成の経験がないために、自分一人での作業を進める自信がなかったり、作業の進捗状況が思わしくなかったりする場合には、専門業者によるサポートを受けることも検討すると良いでしょう。

次に、faxdmの送信に際しては、送信する日時もチェックポイントになります。例えば、ランチタイムのサービスを提供している飲食店に対して、業務が繁忙化している昼時にファックスを送信しても、内容を読んでくれる可能性は低くなります。そればかりか、場合によっては迷惑に感じられてしまうこともあるので、注意する必要があります。また、企業向けのファックスであれば、休み明けのタイミングで送信しても、先方には他に多くのファックスが届いていて、後回しにされてしまう可能性が高くなります。

そのように、相手方の状況をイメージし、内容に目を通してくれる可能性の高い日時を選んで送信することにより、高い反響を見込むことができます。faxdmを送信するタイミングについても、疑問点や不明点がある場合には、専門の業者によるサポートを受けることが可能なので、利用する価値はあるでしょう。