FAXDMを送るときには反応率の高いひな形作成をしよう

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

FAXDMを送るときには反応率の高いひな形作成をしよう

FAXDMを送るときには反応率の高いひな形作成をしよう



FAXDMするときにはひな形作成することがお勧め



FAXDMを利用している企業はたくさんありますが、やはりライバルが多いだけに普通にFAXを送っても高い反応率を期待することができません。では、どのようにすればいいのでしょうか。

まずは反応率の高いFAXDMを送りその後にテレアポをするという流れがお勧めです。テレアポというのは、昔から行われている営業手法なのですが、やはり直接会話をするので相手の反応が非常に見極めやすいです。ただ、いきなり電話をかけて全くのゼロの状態から営業トークを始めるよりは、FAXである程度こちらの情報や相手にとってプラスになる情報を伝えた上で電話をかけた方が、話がスムーズに進みやすくなる可能性があります。

FAXDMであればテレアポよりも素早く大量にメッセージを送ることができる上に、コストを最小限に抑えることができるのでとてもお勧めの営業手法です。ただ、相手の反応がダイレクトにわからないという点がデメリットになりますので、せっかくメッセージを送ったとしてもそれが効果的なのかどうかの判別が難しい場合があります。しかし、前もって相手の興味関心を引くようなFAXを送信していれば、むしろ相手の方から電話をかけてきてくれることも珍しくはありません。FAXというツールは、上手に使えば最強の営業ツールになります。多くの企業はテレアポだけで成約しようとしていますが、それだけではライバル企業よりも劣ってしまうことが多いので、それに加えてFAXDMという営業手法も取り入れることで、より効果的に自社のサービスや製品を売ることができます。また、実際にFAXでDMを送るときには予めどのようなメッセージを送ればいいのかの分からない場合、ひな形作成をするとより効率的に送ることができるのでお勧めです。では、高い成約率を出すためにはどのようなひな形を作成すればいいのでしょうか。



FAXDMに効果的なひな形作成とは?



FAXDMで高い反応率を出すためには、質の高いメッセージを送ることが大事です。そのためには、誰に何を言うのか、つまりターゲッティングをしっかりと行うことが重要です。どんな広告であっても、ターゲットとアピールポイントがずれていると高い反応を得ることができません。これはダイレクトレスポンスマーケティングの基本中の基本です。いくらFAXDMが効果的だからといっても、無鉄砲にDMを出せばいいというわけではありません。しっかりとターゲッティングをして出さないとロスが生じてしまうので、作成するときにはできるだけターゲットとなる層が反応するようなひな形を作成します。最初にこれができていたら、後は一斉送信するだけなので非常に楽です。この段階ではまだコストは全くかかっていないので、じっくりと考えることができます。

また、実際にFAXDMを利用するときには、送信リストが無いと送ることができません。では、どうやって送信リストを取得すればいいのでしょうか。一番手っ取り早いのは、FAX配信代行企業が持っているリストを活用することです。自分でリストを取得するよりも、リストを紹介してもらった方が結果的に割安になりますし、いち早く新規開拓をすることができるというメリットもあります。また、最近のFAX配信代行企業のサービスは非常にきめ細かいので、顧客の要望をしっかりと聞いてくれて、トラブル防止に努めてくれます。

また、ひな形作成の時にも相談に乗ってくれることがありますので、もしも自分ひとりでは今ひとつひな形作成がはかどらないのであれば、依頼したときに相談するといいでしょう。



ひな形作成と同じく重要なFAXDMの送信日時について



FAXDMで高い成約率を出すためには、送信日時にも気を配る必要があります。例えば、飲食店に向けてFAXを送る場合、忙しいランチタイムのときに送ったとしてもFAXを読まれる可能性は非常に低いです。場合によるとマイナスイメージを持たれてしまうことがあります。このように、相手の状況をしっかりと想像して、なるべく読んでくれそうな時間帯に送ることが大事です。

また、仮に企業に向けてFAXを送る場合、週明けの月曜日に送ったとしても先方には読まれていないFAXがたまる溜まっていることが予想されるので送るならなるべく週中あたりに送ると効果的です。このように、いくらすばらしいひな形作成をしたとしても、そもそも読まれなかったら意味がありませんので、送信日時に関してはきちんと考慮することが大事です。送信するタイミングがよくわからない方は、FAX配信代行企業に相談すると、的確なアドバイスをもらうこともできます。

テレアポするときも同じく相手の状況を考えてすることが大事なのですが、それでもFAXDMを送る前と後では相手の反応も変わってきます。FAXDMを送った後にテレアポすれば相手に自分のメッセージが伝わりやすくなりますので、事前情報が何もないままテレアポするよりもずっと高い反応を得ることができます。