FAXDMの重要性

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

FAXDMの重要性

FAXDMの重要性



テレアポの前にFAXDMを行った方がいい理由



ビジネスシーンでテレアポは重要だとされていますが、タイミングが大切になります。中には前触れもなくテレアポをするという企業もいますが、逆効果になってしまう可能性もあるので注意が必要です。では、具体的にテレアポをいきなりやってはいけない理由について説明をしていきます。

1つ目にテレアポをいきなりやらない方がいい理由としては聞く耳を持ってもらえない可能性があるからです。基本的に前触れもなく電話をしてしまうと、相手は警戒心を持ってしまいます。例えば怪しいからやめておこうなど相手は聞く耳を持ってもらえない可能性が高いです。また、いきなりの電話はたまたま忙しい時間帯にあたってしまったら忙しいと切られてしまう可能性もあります。そもそも話を聞いてもらうことができないとなってしまう可能性も高いので、できる限り避けた方がいいでしょう。

続いて2つ目はクレームに繋がってしまう可能性もあることです。基本的に前もって何かを用意せずにいきなりテレアポをしてしまうと、相手側としては何も聞いてないとなり、怒らせてしまう可能性もあります。怒らせてしまったら契約を取りたいという相手でも二度と電話をかけてこないでほしいと言われてしまう可能性もあるので、できる限りいきなりのテレアポは避けた方がいいようです。では、どのようにして営業をすればいいのか悩んでしまう企業も多いでしょう。

いくつか方法はありますが、その中でも使われている方法としてはFAXDMです。なぜ活用されているのか理由についてこちらも紹介します。まずFAXDMなら相手が見たい時に見られるというメリットがあります。ファックスに届くようになっているため、電話とは異なり気付いたときや手が空いた時に見ることができます。忙しい時に尋ねたりして怒らせてしまうこともないので、安全な方法といえるでしょう。また、予め伝えたい情報を文章で伝えられるというメリットもあります。いきなり電話をしてもよくわからないと言われてしまうこともあります。それを防ぐためには予めどんな内容なのかを理解してもらうことが重要です。

理解をしてもらうためには文章やイラストで伝えられるFAXDMが有効的な方法になるので、テレアポを行う前には活用した方がいいと言われています。このように、営業の方法としても色々なやり方がありますが、その中でも安全な方法で営業をしたいと思っている人はここで説明をした方法で挑戦してみるといいでしょう。



FAXDMのマナーについて知ろう



FAXDMを送ることを検討している人の中にはどのようなマナーがあるのか知っておきたい方も少なくないでしょう。基本的にFAXDMを送る相手はクライアントやお客様になるので、マナーを守って行動をしなければ満足度を上げることは難しくなります。

マナーの一つとして挙げられるのが正しい相手に送ることです。今では顧客のニーズに合わせて送信する内容を変更している人は多いです。もし受け取った方がその内容を見て自社もしくは自分とは関係のない内容の時、失礼であると思われる人も少なくないでしょう。そのため、正しい内容かどうかを確認してから失礼が少ないように送信をします。

また、送る時は宛先を記入するケースもあります。もし宛先名が間違えていると不快感を与えてしまう可能性があるので、電話番号や宛先の再チェックも検討しましょう。送るタイミングを考慮することもマナーの一つになります。例えば睡眠中の送信や早朝からのFAXDMはあまり好ましいタイミングではないと考える人が多いです。そのため、相手が迷惑に感じることが少ない時間帯に送信することで不快感を抱かせる可能性を低くすることができます。



FAXDMを送るための業者の選び方のコツについて知ろう



FAXDMのサポートをしてくれる業者は複数ありますが、どのような業者を選択すればいいのかわからない人も少なくないでしょう。選び方のコツとして挙げられるのが、効果向上のサポートをしてくれるかどうかです。企業の多くは送るのであれば新規顧客獲得やリピーターの増加などあらゆる効果を得たいと感じるところが多いです。

しかし、初めて利用する人の中にはどのようなデザインを採用して送ることで効果を得ることができるのかわからない人も少なくないでしょう。業者の中にはノウハウを教えてくれるところもあるので、あらゆるサポートを受けられる可能性があります。

業者を選ぶ時は実績を優先させている企業も多いです。実績が豊富にある業者を選択すれば既に利用している人が多いので、安心感を得ることができると考える人も多くいるでしょう。もし業者の絞り込みをすることができない人は見積もり提示を依頼してみてはいかがでしょうか。見積もりを依頼すれば各業者の料金やサービスを比較することができるので、業者選びに活用することができます。