FAXDMが他の営業手法よりも優れている点とは?

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

FAXDMが他の営業手法よりも優れている点とは?

FAXDMが他の営業手法よりも優れている点とは?



テレアポだけで営業する前にFAXDMも行った方がいい



最近はたくさんの営業手法がありますが、やはりテレアポの威力はまだまだ健在で、うまくいけば非常に高いパフォーマンスを出すことができます。しかし、最近は携帯電話が普及しているので、なかなか固定電話へのテレアポ一本だけで営業をしようと思うとかなり苦労します。そこでおすすめなのが、テレアポだけでなくFAXDMも利用して営業することです。FAXDMというのは、郵便でのDMではなくてFAXでDMを送ることです。

なぜ郵便でのDMではなくFAXなのかと言いますと、開封率がダントツに高いからです。通常のDMであれば、開封すらされずにそのまま捨てられてしまうこともあります。しかし、FAXであれば一般のほとんどのオフィスに設置されていますし、FAXで受信したメッセージは必ず目を通します。仮に捨てるとしても、メッセージを読んでから捨てると判断するので、つまり開封率や既読率はほぼ100パーセントになるということです。テレアポだけの場合だと、担当者が不在だったりしたら後でまた掛けなおさないといけないのですが、FAXDMであれば一度送信すればそれだけで完了なので、利用する側としても余計な手間をかけることなく効率的に営業することができます。

また、最近はメールでのDMも主流ですが、メールの場合だとそもそも相手の受信環境によっては正常に受信することができなかったり、迷惑メールとして処理されてしまったりするリスクがあります。送ったメッセージを確実に読んでもらうためには、あらゆる媒体の中でもFAXが効果的です。開封された状態で先方のFAX機に出力されるので、受信側としては有益なメッセージであれば必ず反応してくれるのでおすすめです。テレアポで新規開拓しているけど今ひとつ反応がないのであれば、FAXDMを送ってから反応があったところに電話をかけるようにすれば、高い確率で成約に結びつくようになり、非常に効率良く売り上げを上げることができます。



FAXDMの営業は費用が安いのもおすすめポイント



また、一般的なDMと比較しても、FAXDMの場合は費用がとても安いことがメリットです。例えば、通常のDMの場合であればチラシのデザインを製作し、印刷して宛名を貼って発送するという手順を踏むのですが、それまでにも作成費用や人件費がかかってしまいますし、何よりも時間がかかることもあるので最新情報を届けることが難しい場合もあります。一方FAXDMであれば、社内で原稿を作成して送り先を決めて配信手続きをすれば完了です。時間的にも労力的にも、はるかに低いコストで営業をかけることができます。それでいて開封率は高いので、非常にコストパフォーマンスがいい営業手法だと言えます。

また、メールでのDMと違って他のメッセージに埋もれることもありません。メールのDMを採用している企業も多く、次から次に受信するのでせっかくお得な情報を送ったとしてもほとんど読まれずに削除されてしまう可能性があるのですが、FAXDMであればその心配がありません。もちろん、すぐに読まれなかったらやはり反応は落ちてしまいますが、それでもいつかは必ずメッセージは読まれますし、さらに先方にとって有益な情報であれば手元に保存してもらえるようになるので反応につながりやすくなります。

また、一般的なテレアポの場合だと、どうしても電話をかけるときの手間がかかってしまうので、1日にかけることのできる件数も数百件程度になります。しかし、FAXDMであれば簡単にメッセージを送ることができるので、数百件どころかそれ以上のメッセージを送ることができます。たくさんメッセージを送信すればそれだけ反応率もアップしますので、むやみやたらにテレアポするよりまずは顧客の反応を得るためにFAXDMを活用すると良いでしょう。



FAXDMは法人向けの営業としては最適の手段



法人向けの営業手段には、FAXDMの他にも封書でのDMやメールDM、テレアポなどがあり、それぞれメリットは多くあるのですが、やはりその中でも安くて早くて簡単な手段と言えばFAXDMでしょう。メールDMの場合、名刺に記載されたアドレスやセミナーを開催したときに取得したアドレス宛てに送信することができますが、それでも新規開拓という面ではあまり効率がいい手段ではありません。また、最近はコンプライアンスも非常に厳しくなっていますので、ツールを使用して自動で取得したアドレスに送信してしまうと、企業の信頼が問われてしまう可能性もあります。

封書でのDMはコストが高くついてしまうこともありますので、コスト削減を意識した営業にはあまりおすすめできません。したがって、一般公開されているFAX番号リストを使ってFAXDMをすることが、他の営業手法よりもずっと低コストかつ確実な方法だと言えるでしょう。また、個人情報保護法にも抵触することがありませんので、コンプライアンス面でも安心です。効率的に法人向けの営業ができるので、ぜひFAXを活用してみましょう。

見積り・ご相談はチャットでどうぞ♪

料金・サービス概要 | FAXDMならネクスウェイ