新規営業方法としてFAXDMを使うメリット

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

新規営業方法としてFAXDMを使うメリット

新規営業方法としてFAXDMを使うメリット

faxdmを新規営業方法に


サービスを提供にするせよ、商品を提供するにせよ、いかにしてその営業を行うのかというのは企業において重要な要素の一つとなっています。いかにサービスや商品自体が優れたものであったとしても、それをしっかりと営業することができなければ利用者が少なく、効果的ではなくなってしまうためです。そのため、多くの企業が新規営業方法をどのように設定するのかについて頭を悩ませているのではないでしょうか。昨今ではインターネットを利用する層が増えているということもあり、インターネットに対してウェブ広告という形を取ることも多くなっています。しかし、この方法ではどうしてもターゲットに対して訴求効果が十分に発生しないような業態であることも少なくありません。
ここでは、そんな場合に使用できる新規営業方法の一つとして、FAXDMというものについて紹介します。このFAXDMというのは、その名前の通りファクスを使用しているダイレクトメールのことですが、では、何故これが効果を発揮することになるのでしょうか。まずポイントとなるのは、インターネット広告では反応を得ることが難しい層に対して広告効果を発揮することができるという点です。インターネット広告は商品やサービスについてよく知っている、あるいはウェブをよくみる人に対しては効果を発揮する方法ですが、裏を返すとこれらに該当しない人に対しては訴求力が低いものでもあります。
その点においてFAXDMでは、インターネットに依存しない方法であるため、普段からインターネットを使用していない人に対しても広告効果を期待することができます。また、商品やサービスを知らない人に対しても広告効果を発揮することができます。

新規営業方法として考えるべきこと


FAXDMを新規営業方法として使用することを検討するのであれば、重要なポイントとなるのはどのようなサポートが得られるのか、かという点です。これは他の広告である場合についても同様ですが、むやみやたらに広告を行えば効果が出るというものではありません。もちろん数を撃てばその分だけ反応が返ってくる可能性は高くなりますが、反応率が下がっているのであれば費用対効果が下がってしまうことになり、結果的に新規顧客によるメリットをコストが上回ってしまう可能性があります。そうならないようにするためには、まず目的をしっかり整理することが重要になるでしょう。
その広告によって得たいのがどのような効果であるのかを考えて広告を行う事が重要であるということです。サービスの資料請求を行わせたいような広告を行う時と、何か商品などを注文してほしい時におこなうときとでは、当然効果的な文面が変わることになります。この広告の目的としているものが何か、ということが分かりやすいようなものにすることが重要です。特にFAXDMはファクスと言う形で直接届くものであるため、この部分は十分考える必要があるでしょう。
さらに、広告対象を絞ることも重要な要素の一つです。新規営業方法であることを考えると広く送ることもたしかに重要ではありますが、効果が期待できない相手に多く送信するより、期待できる層に多く送信する方が反応はかえってきやすくなります。そのためのターゲティングについては緻密に行う必要があるでしょう。そのためには、自社のサービスや商品のターゲットを知っておく必要があります。

新規営業方法として求められること


FAXDMを新規営業方法として使用する場合、そのサービス内容にどのようなものが含まれているのかはチェックしておく必要があります。それが自社の広告を行うに当たって必要なものであるのかどうかも合わせて、内容を確認しなければ利用を検討することができません。例えば利用できることがあるサービスとしては、法人リストのレンタル機能などがあります。FAXDMの特徴となっているのは、BtoCだけではなくBtoBの営業方法としても使用ができるという点です。その場合、他業者に対する営業を行う形となるため、その送信ができるような情報が同時に必要となるでしょう。
BtoBの営業方法としてFAXDMが持っているメリットであるのは、文面として書面で送信されるようになっているため、そのまま捨てられてしまう事が少なく、しっかりと内容を確認してもらえる可能性が高いということです。また、ターゲット層を絞りやすいのも特徴の一つであり、より効果的な営業のために使用することを考えられるでしょう。
さらに、FAX不要の受付を行えるようなシステムを導入することもできます。一方的な広告を行い続けるのは、興味がない相手からするとかえって印象を悪くしてしまうものであり、逆効果になってしまう可能性があります。そのため、受信者側からこれを停止できるようなシステムが用意されているのは、重要な要素の一つとなります。番号の停止登録を自動的に行えるようなシステムが導入されていれば、会社側で調整を行う必要がなくなり、より簡単に広告を続けることができるようになるでしょう。