テレアポの効果を高めるfax営業の力

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

テレアポの効果を高めるfax営業の力

テレアポの効果を高めるfax営業の力



テレアポの効率を上げるために



テレアポとは、テレフォンアポインターの略で特定の商品の販売をする際に、個人または企業宛てに電話によるご案内や勧誘、注文受付を行う電話勧誘販売のことを指します。簡単に言えば電話を使った営業ですが、仕事を取るというよりも、言葉通りアポイントを取り営業活動を円滑化するというのが目的といえます。以前であればドアトゥドアで訪問販売などもしていましたが、規制が強まっていく中で重要視されていったといえるでしょう。成功のカギは、担当する人の技術にかかっています。これが大きなポイントであって、分かれ目にもなってしまうでしょう。

テレアポの担当者は優遇される傾向にあります。時間をうまく使って展開していくことになりますが、のどに負担もかかりますし、精神的にもきついことが多いでしょう。ここから営業職に変わる場合もあるほどで、コミュニケーション能力を駆使して展開させていきます。マニュアルを整備していきますが、臨機応変な対応も必要であり、高い能力が求められることも多いことは間違いありません。難しいことを考えずおこなっていけることもありますが、システム的に整備できるまでは大変でしょう。効果を出すためにはさまざまな方法をとっていくことが求められるテレアポですが、さらに効率的にできないかと考えていくことも売る側としては考えることもあります。特に担当者の技量による効率の変化を均等化できるようになれば、底上げもできるようになっていくからです。そのカギを持っているのが、fax営業であるといえるでしょう。相乗効果によって高い効果が期待できるからです。



得た反応が負担を減らすことにつながる



fax営業が、なぜ効果を上げられるのかといえば、人間が直接行うものではなく、効率的に営業を進めることができるからです。そこで得た反応をテレアポにフィードバックすることによって、断られて多様なところに電話をかけることがなくなり、効率的に展開することができるようになるでしょう。反応のあるところにアクセスすることによって、負担を軽減できるようになります。担当者の能力によって切り開いてきた部分をfax営業にすることによって、能力の均等化も図ることができるようになるでしょう。効率という面だけではなく、負担や人材育成という点においても効果を上げることができるということです。実際にテレアポの人材育成はとても費用がかかります。能力を高めるためにも、育成していく必要がありますし、経験を積ませることも大切です。費用とともに時間もかかることから、テレアポの足かせになってきていたことは間違いないでしょう。

ストレスがかかることによって人材育成の足かせになることもありますし、せっかく育てた人材が辞めてしまうような企業もあるかもしれません。特に心ない言葉をかけられることも少なくないため、テレアポを運営するには精神的なケアも欠かせない部分が気がかりです。こうした負担を軽減することができるようになるため、トータルしてコストダウンも図ることができるようになっていきます。トータルで効率化を推し進めていくことができるようになるのですから、段階的にfax営業をはさみ、テレアポに展開することは大事なマーケティングミックスといえるでしょう。



効率的に営業してくれるfax営業



fax営業は、短時間で多くの相手に対してアプローチができます。地道にテレアポしている時間の数分の1の時間で展開するところもメリットでしょう。経費的にも少ないもので済ますことができます。ITでの展開がクローズアップされることも多くなりましたが、実際に企業を動かしているのは人間であり、アナログな方法は効果を上げられないといったことはありません。パソコンがなくても、Faxがないという企業は少ないですし、検索されたり関連づけされないとわからないITに比べると、だれでも簡単に目にするというメリットがあります。

メールなども迷惑メールにされてしまう可能性がありますが、届いたFaxは一度は中身を確認することになるでしょう。効果を感じやすい方法ですが、むやみやたらに送信するのではなく、リストを整理して送ることなど、手法を考えていく必要もあります。fax営業の場合には、精神的に疲弊することがなくなります。もちろんクレームが発生することもありますが、これが精度を高めることにもつながっていくため、どんどん減らしていくことができるでしょう。人件費ということでも、作業時間は大幅に少なくなりますし、外注を利用するという方法もあります。テレアポとの相性を考えても、非常に効果的なものであり、段階を踏むことによってさらに高いレベルにすることができるようになる方法です。

テレアポの効果を最大化していくためにも、組み合わせていくことは大きなメリットになります。それも経費の削減にもつながっていくことになるのですから、費用対効果を考えても導入していくべき方法といえます。