クレームの出ないfaxdmを作成する方法

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

クレームの出ないfaxdmを作成する方法

クレームの出ないfaxdmを作成する方法



faxdmを利用した営業



営業のツールとして、最近faxdmが見直されています。私たちの生活は情報に溢れており、毎日たくさん届く情報を全て確認しきれない状況になっている人も多いでしょう。このような状況になれば、どうしても毎日チェックが漏れてしまうツールが出てくることは仕方ないことではあります。しかしながら、営業をしている側の人たちはこのように溢れてしまう情報が自分たちのものにならないためにどうするべきかを考える必要があるのです。

最近では、リーズナブルで大量に送ることができ、なおかつタイムリーな連絡をすることができる手段としてメールが積極的に利用される営業ツールとなっています。例えば、雨が降ったら雨の日クーポンのサービスを入れることができたり、その日の来客状況のお知らせをすることができたりと、タイムリーな営業を打つことができるというのはとてもメリットの高いものです。しかしながら、すぐに送ることができるというのはライバルにとっても同じであり、多くの企業がメールでの営業をかけています。そのため、場合によってはタイムリーに送付をしてもきちんと目を通してもらえないことも少なくありません。営業として手間はかからないぶん、そのリターンも少ない営業となっているのです。

その点、タイムリーな営業がかけられて、なおかつ人目につきやすい販促ツールとして注目されているのがfaxdmです。ファックスを利用するのですぐに相手に送ることができ、なおかつ紙媒体であるために印象に残しやすい手段として注目されています。メールと郵送ダイレクトメールのメリットを合わせたものであるとして注目をされているのですが、適切な使い方をしなければクレームを受けかねないため、送付するにあたっては注意が必要です。



faxdmで起こるクレーム



faxdmはとても便利な営業ツールであるとして注目されていますが、たまにクレームを起こしてしまうものでもあります。メールよりも閲覧してもらえ、郵送ダイレクトメールよりもコストがかからないというメリットがあるため積極的に利用したいものですが、クレームが発生しないよう細心の注意を払って対応しなければなりません。実際にファックスを送信してみると、次回以降送信を停止して欲しいという要望が出る場合があります。これはメールであろうと郵送であろうと起こりうることですから、決して悪いことではありません。大切なことは、このような連絡を受けた時に適切な対応をとることです。

どうしても、ファックスを送信すると相手が紙とインクを消費するために自分たちよりも情報の受け手にコストがかかってしまいます。また、まだファックスを通しての営業というのはあまり多く実践されていないために受け手も不慣れであるということからクレームが起こることがあるのです。その特性上、配信を停止して欲しいということは出てしまうことです。そのため、配信停止の要求があると不安になることは致し方ないことですが、だからと言って配信をしないことは正しいとは言えません。

大切なことは、そのような連絡があった際には誠意をもって謝罪をし、今後の配信をしないということを約束することです。配信停止の申し出があればすぐにリストを更新して、次回以降の配信リストから削除するようにしましょう。また、クレームが起きる原因として、相手が対象ではない内容のものを送ったり、送付するタイミングが悪かったりすることが挙げられます。内容の精査と送付する時間帯にも気をつけることが重要です。



faxdmのデメリットを解消する



クレームを受ける以外にも、残念ながらfaxdmにもデメリットはあります。しかしながら、これはどのような営業ツールを利用して販促をしても同じことです。メリットがあればデメリットがあるのは当然のことであり、大事なことはこのデメリットをどうやって埋めるかということです。デメリットを理解した上で、どうやって克服するのかを考えていきましょう。

faxdmを利用してのデメリットとして最大のものが、ビジュアルが白黒となってしまうことです。ファックスを利用して配信するという性質上、どうしても情報は白黒でしか印刷をすることができません。カラーでの情報が発信できないとなれば、見た目が地味になりますし、ごちゃごちゃした印象を与えてしまいかねません。そうすると相手にしっかりと目を通してもらえないという不安があるのです。少しでも見やすいものにしようとすれば、原稿の文章を少なくして余白を作るということが必要になります。そうすれば1枚に掲載することができる情報量が減ってしまい、場合によっては複数枚での送付をすることとなってしまいます。しかし、何枚も送付することはクレームの原因にもなってしまうことですから避ける方が望ましいです。

そこで、もしも自分たちで作成するにあたって原稿がうまく仕上げられない、情報がまとめられないという場合にはプロに依頼して添削をしてもらうのがおすすめです。業者であればテンプレートもたくさん持っていますし、ファックスで送付しても読みやすい原稿を作成するためのアドバイスをもらうことができます。また、情報を最小限に絞る代わりに、合わせてテレアポを入れるようにするとファックスのみでの営業よりも成果が出やすくなり、デメリットを克服することが可能です。

見積り・ご相談はチャットでどうぞ♪

料金・サービス概要 | FAXDMならネクスウェイ