FAXDMサービス提供開始27年 取引法人数8000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

安心・安全なFAXDM送信のために

FAXDMという媒体は、他のDM(メールDM、郵送DM、ポスティングのチラシ)などと違った特徴を持っています。
それは、FAXDMを受け取る側の紙やインクを利用させていただくという点です。

そのため、「ただしく」「きちんと」DM施策を行わないと、お客様側に負担をかけ最悪の場合クレームに発展する恐れがあります。

受け手の方に負担をかけないための「3つの"ふ"をへらす」事が大事です。

1つめの"ふ":負担をへらす

faxdm-ink

あなたの送ったFAXDMは、受け手のFAX用紙とインクを使って届きます。
せっかく受け手の方が嬉しい情報だったとしても、インクをベタベタ使われてしまって、
もし、そのFAXを受信したタイミングでインクがなくなってしまった…。

なんてことがあったら、残念ですよね。

インクの利用量を少なくする、言葉を工夫してみる、など、受け手の方の心象がよく、
負担にならないような原稿を作ることが必要です。

2つめの"ふ":不満をへらす

faxdm-time

例えば個人の自宅兼オフィスにFAXDMをお届けするとします。
もし、寝ている深夜や早朝にFAXが届いたとしたら…。
受け手の方にメリットがある情報でも、迷惑な時間に送られてくるとそれだけで見る気がなくなってしまうものです。

受け手の方が気持ちよく見ていただける配信を心がけましょう。

3つめの"ふ":不快をへらす

 
自分の会社には全く関係のない内容だ、そもそも宛先に書いてある会社名が違う…など、
関係のないものが送られてくると、心象はよくありません。
FAX番号が間違ったものでないように、常に送信先リストには気を配りましょう。

カテゴリーから探す