FAXDMサービス提供開始27年 取引法人数8000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

FAXDMではキャッチコピーが大切!

2017/11/13

faxdm

こんにちは!ベロスルドフです。

今回はみなさんがよく耳にするキャッチコピーのお話をさせていただきます。
以前のブログでもキャッチコピーについては説明しております。
気になる方は以下のブログも是非、ご覧ください!

確実に刺さるキャッチコピーの考え方 その1
確実に刺さるキャッチコピーの考え方 その2
確実に刺さるキャッチコピーの考え方 その3
確実に刺さるキャッチコピーの考え方 その4


一般的にキャッチコピーでよく言われることは、
人間は自分に必要な情報かどうかを最初の3秒で
判断するということです。
とくにいきなり、見ず知らずの会社から届くFAXDMは
受け手に警戒心をもたれることがあります。

そこで、キャッチコピーは内容面において
いかに受け手様のお役に立てるのか
導入することでどのようなメリットがあるのか

を明確に訴求することが重要なポイントです!

そしてもう一つ重要な点は
キャッチコピーを他の文章よりも大きく目立たせることです。
でも、実はこれって皆さん当たり前のように実施されていることですよね?

私も今まで数千社の原稿を目にしておりますが、
9割の皆様は無意識にこちらのテクニックを活用していらっしゃいます。

多くの皆さんが実施していらっしゃいますが、なぜキャッチコピーを大きくした方がいいのか、
正しく説明できますか?


今回はキャッチコピーが大きいほうが、
いい理由について解説していきます。

人間の脳は疲れやすい!

結論からお話すると、人間の脳は文字情報をたくさんみると
疲れてしまうのです。特にFAXDMの場合、白と黒の文字情報が中心になってきますので、
他の媒体と比べてもかなり脳が疲れてしまうと考えられます。


例えば、皆さんは平均的な人が紙面を読むときに、
28%の内容しか頭に入ってきません。
しかも、20分後には、約40%もの内容を忘れてしまいます。


この事からもわかるように人間の脳はかなりいい加減なのです!
だからこそ、一番DM部分で内容が要約されているキャッチコピー部分を
少しでも大きくすることで記憶にとどめて、印象に残すことができるのです。


つまり、FAXDMの場合、最初のキャッチコピーですべてが決まるといっても過言ではございません。
少しでも大きな文字で受け手の立場に立ったものにすることを心がけていきましょう!

FAX紙面の内容はすべて読まれているという思い込みは捨てましょう

上記の特性から、すべての内容をFAXで伝えてもあまり効果がないということがわかるかと思います。
まずは、内容を細かく説明するよりも、受け手が一番知りたい情報を元に原稿を作成していきましょう。
つまり、キャッチコピーではお客様の立場に立って考えるだけではなく、大きく目立たせ印象に残すことも 重要なポイントになってきます。

少しでも内容に興味を持った方は是非お問い合わせください!
また、次回のブログもお楽しみに~~!!