FAXDMサービス提供開始27年 取引法人数8000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

手書き素材をキレイに原稿に取り込む方法

2015/12/18

手書き素材をキレイに原稿に取り込む方法

tegaki


こんにちは!今日は青木が担当です。
前回の、「親近感UP&アイキャッチに効く○○!」記事はご覧いただけましたでしょうか?
 
(まだのかたはぜひこちらから!)
 
いつもの原稿にワンポイント取り入れるだけで、アイキャッチにも温かい雰囲気も演出できる
 
「手書き」
 
ですが、結構簡単に実践できるんですよ。
 
(おそらく原稿をPPTで作っていらっしゃる方が多いと思いますので、その想定でご紹介しますね)


◆ 手書き原稿を取り込むのにスタンダードな方法は、下記の4ステップ!
 
 1)白い紙にマジックなどでくっきり描く
 
 2)スキャナーでパソコンに画像として取り込み
 
 3)PPTの挿入ボタンから、画像を取り込み
 
 4)画像をダブルクリックし、「透明色を指定」で画像内の白い部分をクリック
 
 

これで、簡単に手書き素材が原稿内部に載せられます!
 

 が、ここで一工夫!

 
実は、このままだと、画像として取り込む際に、マジックで黒く書いた部分が、若干グレーっぽくなってしまうことがあります。
そのまま原稿に載せると・・・「かすれ」の原因に!
せっかくひと手間かけたのに、汚くなってしまっては残念すぎる・・・
 
 
ということで、「画像の明るさとコントラスト調整」をぜひしてみてください!
 
画像を右クリックし「図の書式設定」を開きます。
 
ここから、コントラストを強くしたり、コントラストに合わせて明るさを少し調節していただくと、
黒の部分がよりハッキリと写ります!
 
こうすることで、キレイ—な手書き素材が作れますよ^^
 
 
ひと手間かかりますが、その分受け手の方も「おっ」とみてくれることでしょう!
 
ぜひ実践してみてくださいね^^