FAXDMサービス提供開始27年 取引法人数8000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

FAXDMのメタボにご用心・・・

2015/11/08

FAXDMのメタボにご用心・・・

hikaku

こんにちは、青木です。
早いもので、もう11月。秋ですね~。
 
皆様はどんな「秋」をお過ごしですか?
スポーツの秋、読書の秋、、、色々ありますが、
私はずばり「食欲の秋」
これですね。
 
おいしいものがたくさん出回るこの季節。
「ちょっとおなかが出てきたわ。」
「体重がきになっちゃう!」「メタボになっちゃう!」
 
そんな方も少なくないはず・・・
 
さて、私たちも気になる「体重増加・メタボ」ですが、
FAXDMの世界にも「メタボ」があるんです・・・。
 
 
(というのも、ちょっとマニアックな話ですが)
FAXDMの原稿は、
FAX送信の際にFAX通信網を通るためのファイル形式に変換されるのですが、
その「変換後の原稿ファイルの容量」が重いか・軽いか、原稿の作り方によって結構違うんです。
 
そしてその重い(=メタボ)な原稿の場合は、ダイエットに励む必要があるんです!
 
なぜかというと、
この容量が重い“メタボ原稿”は、FAXの通信時間が長くなるからです。
 
 
このFAX通信時間が長くなると、
 
  1. 通信エラー(通信の時間切れ・処理量の上限超えなど)が起こりやすく、不達が増える 
 
  2. FAXを占有してしまう時間がながくなってしまうので、受け手側からのクレームに繋がりやすい
 
 などの可能性が出てしまうんですね。
 
 
ちなみに、原稿がメタボかどうかはこちらからチェックできますよ!
 
 
このタイミングに、FAX原稿も“ダイエット”をして、
リスクが少なく、送り手にも受け手にもメリットがでるFAX原稿を目指したいですね!^^