FAXDMサービス提供開始27年 取引法人数8000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

おなじ宛先に何度も送るのってどうなの?

2015/10/23

おなじ宛先に何度も送るのってどうなの?

hikaku

こんにちは!
 
先日、電車の中で隣の席の方が
偶然私が関わった案件のFAXDMを持っていて
(しかも細かくメモしていて、まさに検討いただいている感じ!!)
FAXDMの効果を生で見て、嬉しく感じた今日この頃です。
 
さて!私もお客様から たまにご質問いただくのですが、
 
「同じ宛先に何度も送って効果があるの?」
 
という問い。
 
先に結論を言ってしまうと、
 
「あります。」
 
 
理由は
 
・2回目以降の案内がリマインドになり、問い合わせた
・2回目以降の配信時に、受け手の検討タイミングが丁度良かった
・何度も送られて社名を覚えてしまって、その商品が必要になった時に問合せるに至った
・複数回目の配信で初めてキーマン(届けたい人)の目についた
 
などなど。
 
 
「あるお客様では毎月に同じ宛先に案内をお送りし続けることで、
半年かけて反響を3倍に伸ばした」   という例があったり、
 
「セミナーの案内が2回目配信の方が効果があった」   であったり、
 
「1年かけて同じ宛先に送り続け、結果全宛先のうち40%から反響を受けた
 
と、事例も山ほどあります。
 
 
特に、何度もお送りした方が効果が高い商材特性として、
タイミングキャッチ」の特性がある商材だということです。
※突発的に受け手に必要になることが多い商材。
例)PCやオフィス用品など消費財(買い替え需要)、
  不用品買取の案内、 人材紹介の案内、   などなど。
 
また、同じ宛先にお送りし続けることで、
潜在的にその人に商品や会社のイメージを植え付ける、ということもできたりします。
※やり過ぎは時には危険ですが。
 
みなさんも、街中を歩いていて、ショーウィンドウを見ながら
なんとなく欲しいけどいいや、と思っていたけれど
何度も同じところを通りがかるうちに買ってしまった、
等という経験はありませんでしょうか。
 
 
と、、いうことで
1度送るだけで判断せず、試行錯誤を続け
根気よくFAXDMを送り続けることも、時には重要だったりします。
 
 
振り返りや修正のアドバイスももちろん受け付けておりますので、
お気軽にご相談ください^^