FAXDMサービス提供開始27年 取引法人数8000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-536-055

平日9:00~12:00/13:00~18:00

FAX×郵送 合わせ技販促 ~商談で即決してもらえるDMの使い方とは?~

2015/08/24

FAX×郵送 合わせ技販促 ~商談で即決してもらえるDMの使い方とは?~

faxdmlettr

こんにちは、ネクスウェイFAXDM研究所の青木です。
 
同じ紙ものメディアの【FAX】と【郵送】。
FAXDMを行う皆様であれば、併用されていたり、使っていなくても一度は
「郵送DMってどうなんだろう・・」
と検討された方も多いのではないでしょうか。
 
(そして「郵送DM高っ・・」とあきらめた方も多いのでは 笑)
 
先日、弊社でFAXと郵送DMをうまーく組み合わせていい成果がでたので
ぜひご紹介したいと思います。
 
【弊社事例】
 ネクスウェイの新サービスの案内を FAXDMと郵送DMで、200宛先に送付
  ⇒12件問合せ獲得、うち1件内諾!
 
 反応率にしてなんと10%超え!
 
新規宛先にもかかわらずこの反響!!担当者もびっくりの反響でした!
 
実は、ただ単にFAXDMと郵送DMを送っただけではないのです。
 
 ◎社長宛:きちんとした、郵送DMを送付。
  ⇒社長の名前はHPなど、公開されてるのでわかりますよね
 
 ◎現場担当者宛:FAXDMを送付
  ⇒個人名はないので、部署名あてに送付
 
 と実は、同じタイミング別の方宛てに送ったのです。
 
するとすると、、、
 
 「うちの社長にお手紙いただいてありがとうございます。私にもFAX送っていただいて、」
 と、手紙とFAXもその後の訪問に持ってきてくれたりしたとのこと。
 
 その他にも、キーマンの執行役員や責任者と、担当者にいきなりセットで会えたり
 商談化・内諾までのスピードがかなり早い!とのことです。
 
 
 (担当者も、社長から「これ見といて!」と言われたら対応せざるを得ないですよね・・。)
 
FAXDMだけだと、なかなか大企業のキーマンに到達するのは難しいですが、
このような「合わせ技」、使えますね!
 
 
コストがFAXが安くて郵送DMが高い、といった単純なことではなく
「目的」にあったメディアを選択したいですね。