dkmm1f0000008woa
  1. HOME
  2. 活用事例
  3. EDIは卸の大動脈。アウトソースして運用とリプレイス対応から解放されました。

EDIは卸の大動脈。アウトソースして運用とリプレイス対応から解放されました。

意識することなしにEDIが機能しています。アウトソースして、
情報システム部員としての本業に打ち込めるようになりました。

導入サービス
EINS/EDI-Hub Nex
キーワード
帳票 業務効率化 toB


お客様のご紹介

(株)あらた様

設  立 2002年4月1日
資 本 金 50億
連結売上高 6,519億5,400万円(2014年3月期)
連結従業員数 2,924名(単体2,102人)(2014年3月期)
本社所在地 東京都江東区東陽
ホームページ http://www.arata-gr.jp/

ハードウェア障害への対応、モデム生産中止への準備、Web-EDIへの手動対応……。EDIは卸商社にとって大動脈となるシステムだが、情報システム部員には極めて運用負荷の大きな業務だった。そこで日用雑貨卸売大手である株式会社あらたのとった解決策が、株式会社インテックの提供するクラウド型EDIサービス「EINS/EDI-Hub Nex(以下EDI-Hub Nex)」の採用だった。その経緯や課題を、同社システム本部統合システム部マネージャー杉本雅典氏(写真右)と同リーダー加藤裕之氏(写真左)にうかがった。
 

目次

 

ご利用サービス

受付中の関連セミナー

関連事例

0120-341-890 [平日]9時~12時/13時~18時