MENU

会社概要

お問い合わせ・資料請求

TEL : 0120-341-890

(平日9時~12時/13時~18時)

CLOSE

会社概要

お問い合わせ・資料請求

TEL : 0120-341-890

(平日9時~12時/13時~18時)

CLOSE
  • ビジネストランザクションの際をつなぐ株式会社ネクスウェイ
  • e-文書法を学ぶ
  • ビジネストランザクションの際をつなぐ株式会社ネクスウェイ

製造、卸売、金融、不動産など、あらゆる業界で活用されている企業間商取引支援ソリューションを提供するネクスウェイ

グローバル化、事業の多角化、流通のスピードの変化など、企業が成長を取り巻く環境は刻々と変化しています。
加えてクラウドなどIT技術の進歩により、システム環境も変化し続けています。
しかし、基幹業務における取引先への情報伝達がなくなることはありません。
変化に対応し、柔軟に変えていくことが、企業の発展に求められていることではないでしょうか?
そのような環境の中で、ネクスウェイは「基幹系情報配信の最適化」を実現する、
企業間商取引支援ソリューションを提供しています。

「基幹系情報配信の最適化」の実現に必要なものとは

基幹業務における取引先への情報伝達は、ミッションクリティカルな業務です。
まさに「水道をひねれば水が出る」ごとく止まらないことが当然であるべきです。
情報伝達が滞ることは業務に大きな支障を与えます。
 
しかしながら、システムにおいて「配信」システムは足回り部分となります。
足回りではあるものの接続・通信などトラブルが発生しやすいポイントでもあり、
運用・保守には工数がかかっている企業様が多いのも事実です。

ネクスウェイの提供価値

提供サービス一覧

  

  


ブログ一覧

2024年にIP網へ移行する固定電話網。大きな影響を受けかねないEDIにどう対応する?

2024年にIP網へ移行する固定電話網。大きな影響を受けかねないEDIにどう対応する?

EDI関連のソリューションの開発、販売、コンサルティングを手掛けている株式会社データ・アプリケーション(以下、DAL)。その代表的なEDI製品が、FNX e-帳票FAXサービスとも連携可能なACMSシリーズだ。今回はマーケティング本部長の大澤健夫氏、営業本部の中井基雄氏を招いて、2024年に控えた固定電話網からIP網への移行とFNX e-帳票FAXサービスとの連携についてお伺いした。

IBMiからスムーズな帳票FAX送信を実現。 そのバックエンドで活躍するネオアクシスの「Toolbox」

IBMiからスムーズな帳票FAX送信を実現。 そのバックエンドで活躍するネオアクシスの「Toolbox」

 パッケージ・IT基盤の提供、基幹系システム開発事業からディーラー業務支援事業まで、さまざまなサービスを手掛けているネオアクシス株式会社(以下、ネオアクシス)。ネオアクシスが扱うIBMi(AS/400)の機能拡充を目的とした「Toolbox」シリーズは、ネクスウェイのクラウド型自動FAX配信サービス「FNX e-帳票FAXサービス」とも連携可能だ。今回はネオアクシス ソリューション事業部 プロダクトサービス部 部長 白石昌弘氏を招いて、ToolboxシリーズとFNX e-帳票FAXサービスの連携についてお伺いした。

帳票ツール国内シェア No.1(※)を誇る帳票ソリューションSVF。 FNX e-帳票FAXサービスとも連携可能

帳票ツール国内シェア No.1(※)を誇る帳票ソリューションSVF。 FNX e-帳票FAXサービスとも連携可能

 帳票基盤ソリューション「SVF」や帳票電子活用ソリューション「SPA」、集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum」などの製品を、開発から販売、サポートまで製販一体の体制で手掛けているウイングアーク1st。帳票ソリューションとBIソリューション、ともに高いシェアを誇る同社の製品の一部は、ネクスウェイのクラウド型FAXサービス「FNX e-帳票FAXサービス」とも連携し帳票をFAX送信できる。今回はウイングアーク1stの野村敬氏、大條淳氏、水島健人氏、佐藤聡子氏を招いて、SVF関連製品とFNX e-帳票FAXサービスの連携イメージをお伺いした。

※ミック経済研究所「ビッグデータの利・活用探るミドルウェアパッケージソフトの市場」

もっと見る