MENU

会社概要

TEL : 0120-878-537

(平日9:00~12:00/13:00~18:00)

「店舗matic」とグループウェアの違いとは?(前編)

2017/11/15

私たちが大切にしていること

私たちがチェーンストア展開されているお客様のコミュニケーション改革のご支援させていただく中で大切にしていることがあります。

“伝える”ではなく、“伝わる”お手伝いをすること
“伝える”先の受け手にどうなってほしいから“伝える”のかを意識すること

「店舗matic」が大切にしていること

1.お客様の接点である店舗にとって使いやすく!
2.”1VS多”のコミュニケーションに使いやすく!
3.チェーンストアに特化しているからこそ!

1.お客様の接点である店舗にとって使いやすく!

仕事のスタイル

・常にお客様の目に触れる店頭にいることが多く、事務作業に時間を割きにくい。また、接客時間の創出が売上にも大きく関わる

 
短時間で必要な情報の把握が可能。
また本部は店舗の状況を把握しながら指示を加減することができる。
 
・本部によるタスクや回答の期限設定機能、業務連絡のスケジュール連携機能
・お知らせの承認機能
・お知らせ公開時間の制限機能
・本部から店舗への作業依頼本数/工数把握機能
・店舗への作業指示状況の予実把握機能(予定)

グループウェアは・・
タスク管理は基本的に受け手の責任。情報処理にかかかる時間はリテラシー次第。
発信する方が受け手の状況を把握することは基本にできない。

仕事スタイル

 ・依頼されて実行する作業が多く、突発的かつ細かい作業がたくさん日々発生する

やるべきことが締め切りも含めて明確に表示される

・トップ画面へのタスクや回答依頼の表示
・トップ画面への定期報告依頼表示

グループウェアだと・・
基本的にタスク管理は個人の責任で行う前提のことが多い 

仕事スタイル

 ・シフト制のケースが多く、個人の仕事で簡潔しないことが多い

店舗スタッフ一人一人が「店舗としてやるべきこと」
「店舗として知るべきこと」を漏れなく把握できる

・店舗スタッフアカウント設定による、スタッフ自身の未読既読把握
・店長/副店長設定

グループウェアでは・・
基本的に仕事は個人個人に分割されて個人で完結することが多い。
1アカウントを店舗で共有するケースも多いが、その場合はスタッフ個人の既読未読の判断がつきにくく閲覧漏れがつながる。
また店長への連絡などはメールなど他手段になってしまう。

2.”1VS多”のコミュニケーションに使いやすく!

組織の特徴

・店舗を束ねるエリアマネージャーが存在し、常に店舗の状況を把握しフォローする役割を担っている

エリアマネージャーが
店舗をフォローしやすい環境を提供

・担当ユーザー設定(店舗の担当スーパーバイザーを設定できる)
・エリアマネージャーは担当店舗の回答や閲覧状況を簡単把握
・エリアマネージャーは担当店舗の状況をスマホからも簡単把握
・エリアマネージャーによる店舗アンケートの回答承認機能

グループウェアだと・・
店舗を束ねるエリアマネージャーといった役割の存在を想定していない。個人と個人はフラットに仕事をする。

業務の特徴

 ・少ない人数で多店舗の作業状況の確認や、数値や画像、テキストなど様々な情報収集を常におこなう必要がある

少ない人数で多数の店舗の状況や回答収集を
効率的に行える

・エクセルによる数値収集アンケートの簡単作成・簡単ダウンロード
・店舗の閲覧状況/作業実施状況/回答状況/回答内容のリアルタイム把握・ダウンロード
・未回答店舗への再回答依頼機能

グループウェアだと・・
アンケート機能などはあるが、日々1vs多で状況を一覧で把握するような機能は通常存在しない。また数値収集に特化した機能もない。

3.チェーンストアに特化しているからこそ!

・他店在庫の問い合わせ/スタッフヘルプの募集などのやり取りが多い
 
店舗同士での上記やりとりに特化した機能あり



・クレームを本部と店舗双方で受け付けることがある
 

店舗/本部それぞれで報告を起票し、全社統一で管理することが可能



・1年を52週単位で分割し運営している企業が多い
 
自社の52週カレンダーの設定が可能